ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性美肌1位の島根県 魚をまるごと食べる食文化が好影響か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冷たい風が吹きつけて、肌のうるおいを奪っていく。気づいたら、頬はカサカサ、ファンデーションは割れてバリバリ、唇がささくれだっていた…そんな“恐怖の季節”の本格的な訪れを前に、気になるランキングが発表された。

 いい皮膚の日(11月12日)に大手化粧品メーカー・ポーラが発表した「ニッポン美肌県グランプリ2015」。これは昨年9月から今年8月までの間に、ポーラのスキンチェックを受けた平均年齢40.6才、全国約73万人の女性のデータに基づき、都道府県別に美肌偏差値をランキングしたもの。「肌のうるおい」「ニキビ」「シミ」「くすみ」「毛穴」「キメ」の6項目を調査し、その結果として、ナンバーワン美肌県を選び出している。

 栄えある1位に輝いたのは、出雲大社や宍道湖で知られる島根県だ。なんと島根県は、調査が始まってから4年連続でトップの座に着く、驚くべき“美肌力”。いったい何が島根女性の肌を美しくしているのだろう。

 いったいなぜ、島根は4連覇に輝くことができたのか?

 ポーラでは、肌の美しさを左右する5大要因として「水蒸気密度」「日照時間」「生活習慣」「肌荒風」「毛穴熱風」を挙げているが、これらの条件が整っているのが、島根なのだという。

「島根の日照時間は全国で7番目に短く、その分、紫外線の影響を受けにくい。『水蒸気密度』は、お肌のうるおいに影響します。空気中の水分量と思っていただければいいのですが、これも全国で11位と高い位置にいます。『肌荒風』は山から吹きおろしたり、狭い平野を通り抜けたりする肌を乾燥させる風ですが、島根はこの影響をほとんど受けない、など条件が整っているのです」(ポーラ宣伝部)

「毛穴熱風」は毛穴を開かせる夏の熱風のことで、島根にはこれもない。確かに、空っ風など『肌荒風』が強い北関東は、下位に低迷(群馬・44位、栃木・46位、茨城・47位)していることからも、環境がお肌にいい影響を与えているのは間違いない。

 でも島根の右隣の鳥取は12位だし、左隣の山口は26位。環境が美肌のヒミツだとしたら、このランキングの差はなんなのか?

 実は、島根の美肌のヒミツは環境だけでなく、食べ物にあることが今回の調査で明らかになった。

「ランキングを見ると、1位島根、2位山形、3位愛媛、その下は石川、富山、秋田と続きます。過去のランキングを見ても、上位は中国・四国、東北・北陸地方に集中する傾向がある。地理以外の要因について、今回、東京家政大学栄養学科の先生や学生さんたちと研究をした結果、食文化についてある特徴が見つかりました。それが、魚を丸ごと、みそやしょうゆ、みりんといった発酵調味料を使い、加熱調理して食べるというものです」(ポーラ宣伝部)

 日本海側や瀬戸内海は魚が豊富で、食卓には頻繁に魚料理が登場する。多くの魚には、肌を健康的に保つドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)が含まれており、さらに、普段は捨てることの多い皮にはコラーゲンが、そして内臓には豊富なDHAやEPAが含まれている。そのDHAやEPAは、発酵調味料を使うことで酸化が抑えられ、効率的に摂取できると考えられている。

 実際に、島根にはその食文化が根づいていた。

「大田市の郷土料理に『へかやき』というものがあります。これは、地元の新鮮な魚を甘辛いしょうゆで味つけた鍋料理で、魚のすき焼きというイメージです。下処理した魚をぶつ切りにして、野菜と一緒に煮込む、まさに魚を丸ごと食べる料理です。近くに漁港があり、新鮮な魚が手に入るので、お刺身や煮つけなど、旬の魚料理が食卓に並びます」(公社・島根県観光連盟)

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
化粧品メーカー発表美肌県ランキング 1位は島根、最下位群馬
【日韓比較・学術文化編】世界大学ランキング、宇宙飛行士数
宝くじ「都道府県別高額当せん」本数増ランキング1位は島根

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP