ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お正月や成人式にも♪着物に合う和柄ネイルを楽しむポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年末年始は華やかな装いのお着物でお出かけを

年末年始はパーティや忘年会など華やいだ場も多い一方で、新年を迎えるための準備や大掃除も忙しくなりますね。
街がクリスマスを過ぎるとお正月の装いに早変わりするように、上手く切り替えながら、この忙しい時期を楽しく過ごしたいですよね。
お着物は、お正月はもちろん、クリスマスなど年末にお召しになっても素敵です。身を正しつつ気分も上がって、周りまで華やかにする着物は、この時期にぴったりです。

 

和装は大胆な色や柄を楽しめるのも魅力!

浴衣のコラムでも触れましたが、洋服ではちょっと着られないような、鮮やかで大胆な色柄を楽しめるのも魅力のひとつです。例えば紫と黄色のような反対色でも、和柄モチーフが入ることで華やかで上品な色合わせになっちゃうんです。
和柄ならではの美しさも楽しめるので、ネイルにもどんどん取り入れていただきたいなと思います。着物に合わせてもよいですし、指先だけ和装というのも粋ですよ。
色選びとモチーフ選びさえ押さえれば、和柄ネイルも決して難しくありません。ぜひ、怖がらずにチャレンジしてみてくださいね。
ベースカラーは柔らかな和色も品よく仕上がりますし、赤や黒、濃紫などはっきりとしたものであればお正月や成人式にもおすすめです。
モチーフは牡丹、桜などの和花はもちろん、縁起の良い松竹梅もお正月らしいですね。ベースにこだわらなくても、大柄なモチーフを選べば、それだけでゴージャスな和柄ネイルになります。

 

ゴールドの曲線がより和風に見えるポイント

裏技としては、ゴールドの曲線を描き加えること。たとえば薔薇などのモチーフでも、これだけで不思議と和っぽくまとまるので、ぜひ試してみて下さいね。
シールは短期間だけのアートも可能です。シールワーク後にトップコートで仕上げれば簡単にオフできます。
あっという間の年末年始ですが、せっかくのハレの日です。普段はネイルアートをしない方も、思いきってお休みの間だけ、和柄アートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

松本寿美代(ATELIER Re-cue)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP