ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイペースな人に共通する10の性格と特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

真面目で、おっとりとした性格の人は、しばしばマイペースな人と周囲から評価されます。それは決して悪い意味ではありませんが、一方でマイペースの人との付き合い方を難しいと感じる人もいるようです。

マイペースな人と上手に付き合えるよう、まずはその特徴を確認していきましょう。

1.いつも冷静で落ち着いた行動ができる

周囲の状況や環境の変化に左右されにくく、いつも冷静な判断ができるのがマイペースな人の良いところです。

周りの人々が慌てふためいているような場合でも、じっくりと腰を据えて、現状を把握した上で何が重要かを見極める能力に長けています。

2.感情をあらわにすることはほとんどない

マイペースな人は、喜怒哀楽の感情を激しく表現することはほとんどありません。
もともとゆったりとしていて、おおらかな性格なので、大声で叫ぶようなこともありません。

マイペースな人の周りには、穏やかな雰囲気が漂っており、そばにいる人をホッとさせてくれます。

3.どんなときも落ち着いた口調で話をする

マイペースな人は、言葉を慎重に選びながら、比較的ゆっくりと話をする傾向があります。

相手が早口でまくし立てるようなことがあっても、そのペースにつられることはありません。
どちらかといえば、優しい口調で話をする人が多く見られます。

4.どのような相手に対しても同じように接する

マイペースな人は、相手によって態度を変えることはなく、どのような人に対しても平等に接しています。

良くも悪くもいつも同じなので、相手に対する真摯な気持ちが伝わりにくく、誤解されて、損をしていることもあります。

5.確固たる自信があり、堂々としている

人から様々な意見を浴びせられたとしても、自分の意見には確固たる自信を持っており、全く揺らぐことはありません。

聞き入れるべき人の意見に気づくことができないほどの頑固さも持ち合わせているので、手強い相手だと思われることもあります。

6.決断をするときには、納得がいくまで考えぬく

物事の決断をするときには、納得できるまで徹底的に考えないと気がすまない傾向があります。

マイペースな人に決断をお願いする場合には、できるだけ時間的な余裕をもっておくことが、双方にとって良い結果につながります。

7.常に自分なりの考えやポリシーを大事にする

マイペースな人は、協調性がないように思われがちですが、本人的には自分の考えやポリシーを大事にしているだけであることが多いようです。

途中のステップや考え方が自分のポリシーに合っていれば、問題なく人と合わせることができます。

8.世話を焼いて、人の干渉をすることはない

基本的に「他人」と「自分」とは分けて考えているため、マイペースな人は、あえて人に世話を焼くようなことはありません。

さらに、相手のことを勘ぐって干渉するようなこともないため、一緒にいると気楽に感じられます。

9.時間軸やタイミングが人とずれることも

マイペースな人は、自分なりのペースを大切にしているので、他の人と比べると、時間の感覚やタイミングがずれることも少なくありません。

悪気はないけれど、なぜかそうなってしまうのがマイペースな人の特徴です。
時間を守ろうとはする気持ちはあるけれど、実際は難しいことが多いのです。

10.興味をいだく対象がはっきりしている

マイペースな人は、興味があることには積極的に取り組むことができる一方、そうでないことには関わろうとしません。

ただし、最初は無関心であっても、正当だと思える理由や原因が理解できれば、快く引き受けて行動できる場合もあります。

マイペースな人の冷静沈着でぶれない性格に注目していけば、これ以上心強い存在はないことに気づくはずです。相手の良さを生かしていけるようなアプローチの仕方を工夫し、毎日を心穏やかに楽しく過ごしていきましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

不器用な人に共通する8つの特徴
要領がいい人に共通する10の特徴と習慣
媚びる人に共通する8つの特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP