ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラの萬田久子 明治時代なのに爪がきれいすぎとの指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ごちそうさん』ではキムラ緑子(54才)演じる小姑、『マッサン』では泉ピン子(68才)演じる姑──。朝ドラことNHK連続テレビ小説では、壮絶な嫁いびりが話題になり、視聴率を上向かせる。

 今回の『あさが来た』では、強い女性ヒロインの生き様、姉妹の物語、優しすぎる夫…たくさんの見所があり、番組スタート以来視聴率20%超という記録を更新し続けている。そんななか話題沸騰中なのが、やっぱり嫁いびり。

 ヒロイン・あさ(波瑠・24才)の姉、はつ(宮崎あおい・29才)の嫁ぎ先である大阪の老舗両替商『山王寺屋』の女将・菊(萬田久子・57才)。菊は嫁を疫病神呼ばわりし、真っ暗な蔵に閉じ込めて笑ったり、大阪弁でネチネチ罵倒する。

 山王寺屋がつぶれ、ほったて小屋で暮らすことになって、ようやく嫁が待望の第一子を身ごもった時は、鬼の形相で「どこがめでたいんや」と吐き捨てた。さらに孫にもつらくあたる。

「あんたの子守なんか、せえへんさかいな」
「あんたなんか、ただのちっちゃいションベン垂れや!」

 これまでおしゃれなファッション誌で、流行のスタイルをさらりと着こなす憧れの50代女性像を体現してきた萬田。真逆をいく、この嫁いびりには、「新境地!」と、大絶賛の声が鳴りやまない。

 さらに11月10日放送回では、天敵でもあるヒロインの姑がほったて小屋にやってきたとき、どうにか追い返そうと、柱の陰でネズミのマネを披露した。

《逆襲のネズミ鳴き》
《さすが大女優》
《萬田久子さん、オモロイ》
《萬田久子のかくし芸》

 インターネット上には、そんな声があふれた。

◆指先をきれいにするのは女のプライド

 ともかく萬田の渾身の演技から、視聴者は片時も目が離せなくなっている。それゆえに気づかれた“あること”が、今『あさが来た』ファンの間で騒がれている。それは萬田の「きれいすぎる爪」。

「同ドラマの設定は幕末から明治時代。しかも菊は、たしかに以前は老舗両替商の女将でしたが、今は農作業でなんとか食いつないでいる一家のひとりにすぎません。しかし萬田さんの手元がアップになったとき、きれいに整えられた爪が、ネイルのような乳白色につややかに輝いていたようで、そこに視聴者が疑問を持っているという状況なのです」(テレビ局関係者)

 視聴者から「萬田久子さんの爪が気になってしょうがない」「こういう違和感感じることのない朝ドラだったのでびっくりぽんや!」「あの手は苦労人の手じゃない」などと指摘が相次いだ。

 事態を重くみたのか、NHK側は、番組ホームページ上のスタッフブログに、11月11日付けで異例のコメントを掲載した。

《菊さんの爪に「マニキュア」やらいう舶来のもんが塗ってあるんとちがうか?いう噂が巷で流れているらしいだす。とんでもないだす!菊さんの爪には何にも塗ってないだす。元々、大阪随一の老舗両替屋「山王寺屋」の奥様だす。おちぶれても畑仕事なんかで手を汚したりはせえへんのだす。指先だけでもきれいにしとくのは、最後の女のプライドだす! ※本当に菊さんの爪には何も塗られておりません》

 この反論後、今度は「57才であの手は美しすぎる」との声が出ているという。

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
身長168cmの大野いと ミニスカートから伸びる健康的な美脚
武井咲 スリット入りの白ワンピースから太ももチラリで笑み
ナイスバディの吹石一恵 横から見て分かる美プロポーション

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。