ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根連覇狙う青山学院大学 1万m28分台で走る選手が11人になる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 箱根駅伝まで、あと1か月。前回優勝の本命・青山学院大に、東洋大や駒澤大をはじめとするライバル校がどれだけ迫るのか。正月の本番を楽しむために、日本中のどこよりも陸上競技の現場を取材するウェブメディア「駅伝ニュース」の主宰者である、「公園橋博士」こと西本武司氏が最新情報をレポートする。

 * * *
 11月21日、慶應大日吉キャンパスの陸上競技場で開かれた「1万m記録挑戦会(関東学連記録会)」には、正月の箱根駅伝に出場する各大学が集まった。エントリーメンバーの選考、レース形式での調整など各校の目的は様々だが、圧倒的な存在感を見せたのは、やはり青学大だった。

 記録会は各選手が申告する目標タイムに応じて組分けされる。最も速い28分00秒~28分20秒で申告した選手が揃う第11組。ここでトップでゴールしたのは青学大の久保田和真(4年)。今年の箱根で1区を走った彼は序盤から集団を引っ張り、ラスト2周でギアを入れ替えて後続に6秒差をつけた。ゴールタイムは28分24秒、自己記録を6秒更新する快走だった。

 青学大は他にも4位の下田裕太(2年、28分33秒)、5位の中村祐紀(2年、28分34秒)、6位の渡邉利典(4年、28分35秒)、9位の渡邉心(4年、28分37秒)、12位の田村和希(2年、28分46秒)、13位の池田生成(3年、28分51秒)らが自己ベストを更新。今年の箱根で2区を走った7位の一色恭志(3年、28分35秒)もシーズンベストの記録を出し、上位10人中6人を青学大が占めた。

 青学大メンバーは、10月の箱根予選会個人6位で関東学生連合に最上位で選出された創価大・山口修平(4年)らを周回遅れにする強さだった。

 1万mでの28分台は大学生ランナーとしてトップクラスの証とされる。この日の自己ベスト連発で、すでに達成している選手と合わせて青学大の28分台の選手は11人。つまり28分台の選手でも、1人は箱根を走れない。前代未聞の事態だ。

 全日本大学駅伝(11月1日)は東洋大に敗れ大学駅伝三冠は逃したが、正月の箱根優勝に最も近いのはやはり青学大だろう。

 レース展開からも、強さはうかがえる。渡邉(利)は一時、久保田の前に出てトップに立ち、最後まで先頭集団に絡んだ。今年の箱根で3区を走った選手だが、これは原晋・監督の「まさかの起用」といわれていて、本人も周囲も当日のエントリー変更で外れるのではと思っていた(実際は区間5位の好走)。それが主力級にまで成長した。

 その渡邉をラストで追い抜いたのが、下田、中村という2年生だ。下田は全日本で区間賞、中村は世田谷246ハーフ(11月8日)で優勝と勢いに乗っている。記録会ではゴール後に下田や中村が笑顔で「差しきりましたよ!」と声をかけ、渡邉が苦笑いを浮かべるなどチームの雰囲気はいい。

 こうなってくるとメンバー選考に興味が湧く。10月の出雲駅伝で5区を走った山村隼(4年)は、この日トップだった久保田と熊本・九州学院高校陸上部の同期。2年時に久保田が故障した時、山村がサポートして復活を果たしたエピソードはファンの間ではよく知られているが、実はこの2人は高校時代を含めて襷(たすき)リレーをしたことがない。

 最後の箱根での実現を願うファンは多いが、学連記録会での山村のタイムは29分25秒(同組24位)。メンバーに入るかは微妙になってきた。出雲駅伝後の「2チームで出ても1、2位になれた」との原監督のセリフも、あながちビッグマウスとはいえない。

【プロフィール】西本武司:1971年福岡県生まれ。メタボ対策のランニング中に近所を走る箱根ランナーに衝撃を受け、箱根駅伝にハマってしまう。一年中いろんなレースを観戦するうちに、同じような箱根中毒の人々とウェブメディア「EKIDEN News」を立ち上げる。本業はコンテンツプロデューサー。

※週刊ポスト2015年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根連覇狙う青学 往路を圧倒差で優勝し復路は消化試合に?
もうすぐ箱根駅伝 一体何歳まで何回出場できるのかご存じ?
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。