ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

潘基文氏 日本の歴史批判するが中国の侵略の歴史には黙る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北京・天安門での抗日戦勝70周年記念行事(9月3日)に潘基文・国連事務総長が出席したことに対し、日本政府は強い遺憾の意を表明した。大規模軍事パレードなど今回の行事が特定の国(日本)を非難し、かつアジアに緊張をもたらしている軍事力を誇示するきわめて政治的なものだったからだ。

 世界の平和と安定、友好・協力を追求する国連の代表としてはふさわしくない行動というわけだ。ただ彼はすでにロシアでの対ナチ戦勝70周年行事にも出席している。日本としては不快、不満だが、国連の最高決定機関である安保理常任理事国に中国が加わっていることもあり、彼としては止むを得なかったかもしれない。

 それでも潘基文批判は大いにしなければならない。彼は天安門で朴槿恵大統領と並んで中国軍のパレードを観閲した。二人の韓国人は65年前に起きた中国軍の“韓国侵略”を忘れたかのようにパレードに見入っていた。中国軍は朝鮮戦争(1950―53年)で韓国を侵略したのではなかったか。

 あれだけ日本には「謝罪と反省」を執拗に要求し続ける韓国なのに、これまで中国に「謝罪と反省」を要求したという話はない。

 韓国にとって中国は侵略者だった。北朝鮮の〝奇襲南侵〟に対し韓国防衛のため国連軍が派遣されたが、その後の戦況は中国軍の介入・南下で実質的には国連軍と中国軍の戦いとなった。1953年の休戦協定には北朝鮮軍、国連軍、中国軍が調印している。

 国連の70年の歴史の中で、国連軍は朝鮮戦争での派兵が規模も犠牲も最大だった。しかもその舞台は韓国(朝鮮半島)だった。韓国出身の国連事務総長がよく平気で(?)あの行事をながめることができたものだ、というのが筆者がまず気になったところだ。

 潘事務総長はことあるごとに日本の過去の歴史に関して批判的発言をしているが、中国の“侵略の歴史”には何もいえない。これでは日本批判の資格などない。

 その潘事務総長が韓国内では次期大統領候補として人気が高い。あらゆる世論調査でダントツである。

 背景には、与党セヌリ党に有力候補がおらず、野党・民主党は候補が多く支持者が分裂しているという政界事情がある。そして潘氏の知名度の高さとイメージのよさ。それに国連事務総長の任期切れが2016年で、翌年の大統領選にぴたりというタイミングもいい。

 とくに与党内では朴槿恵大統領の“後継者”として押す声があり、与党で次期を狙っている金武星代表サイドがそれを極度に警戒しているとの話が伝わっている。

 政界では潘氏は朴槿恵大統領の好みのタイプという説がある。外交官出身で礼儀正しく、イエスマンで自己主張はせず、決して相手を不快にさせない、いわば”執事タイプ”だからだ。これは”忠臣好み”の朴大統領への皮肉でもあるが。

 韓国政治では地域性が重要だ。彼は過去の慶尚道vs全羅道の東西対立とは距離を置いた中部圏の忠清道出身なため、地域対立という〝韓国政治の病弊〟を脱却するにはいいチャンスという声もある。

 ただ現在の潘人気はバブル説が強い。与野党どちらにつくかが未定な時は双方の陣営で人気があるが、どちらか一方の候補になったとたんにバブルははじけるという。

 問題は本人の出馬意欲だが、先頭に立って旗を振るリーダータイプではないため政界では否定的な見方が強い。固定支持層を持つ朴大統領が担いだとしても退任大統領の影響は限られている。それに、きれい事だけでやってきた外交官上がりには、大統領選という権力をめぐる激しい誹謗中傷、足の引っ張り合いには耐えられないとも。

●文/黒田勝弘(産経新聞ソウル駐在客員論説委員)

※SAPIO2015年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国が誇る潘基文国連事務総長 「歴代最悪」の烙印押された
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画「鏡のない国のパク」
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「北にそっくり」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。