ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご当地「究極の肉」&地元産「ワイン」は相性バツグン!関東東北の牛肉ブランドを味わおう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

関東と東北のブランド牛肉と一緒にワインも楽しめるお店を6つ紹介しています。前沢牛や山形牛などのブランド牛に加えて、ご当地産のワインも一緒に楽しめるお店です。ワインを下味として使用するすき焼きも紹介しています。

1.銀河離宮

いわてのブランド牛の前沢牛 × エーデルワイン


前沢牛には、 国際品種メルローならではのエレガントなワインを。果実味と渋みのバランスが絶妙な一本です。

「銀河離宮」は、産地の食肉会社が手がけており、選りすぐりの「いわて牛」を提供している。まずは黒毛和牛の「いわて前沢牛」を。きめ細かな霜降りが特徴で、炙られた脂からは、甘さをともなった香りが立ち昇る。

続いては、自然交配のみで繁殖する貴重な「いわて短角牛」。こちらは、かみ応えのある赤身肉で、肉本来の旨さを味わえる。

合わせたのはエーデルワイン。「いわて前沢牛」にはタンニンの滑らかな「いわて銀河葡萄園 赤」。「いわて短角牛」にはフルーティーな「コンツェルト赤」がベストマッチだ。
ちなみに前沢牛を塩やわさびでいただく場合は、白ワインでもよい。 銀河離宮
TEL/019-606-3739
住所/岩手県盛岡市菜園1-4-10 第2サンビル1階
営業時間/平日:ランチ11時30分~14時(LO13時30分)、ディナー17時~23時(LO22時30分)、土祝:ランチ11時30分~15時(LO14時30分)、ディナー17時~22時(LO21時30分)
定休日/日、年末年始
料金/いわて前沢牛サーロイン7800円(180g※数量限定)、いわて短角牛サーロイン4000円(180g※数量限定)、銀河葡萄園(ボトル)4100円、コンツェルト(ボトル)2600円、いわて前沢牛焼肉ランチ2800円
アクセス/電車:JR盛岡駅より徒歩15分またはバス10分
車:東北道盛岡ICより20分
駐車場/提携コインパーキング30台(有料)
「銀河離宮」の詳細はこちら

2.上杉の御湯 御殿守

須藤ぶどう酒を使ったブランド牛「山形牛」のワインすき焼き

とろとろの温泉卵で食す

須藤ぶどう酒は樽香控えめで、ピュアな味わいの「ブラック&ベリー」

溶き卵ではなく、温泉卵とともに味わうのが「御殿守」流。とろりとした温泉卵が、濃厚な牛肉の旨みをぐいっと引き出してくれる。とろとろの温泉卵で食すから、サラリとしたワインを選択しよう。 上杉の御湯 御殿守
TEL/0238-40-2611
住所/山形県南陽市赤湯989
料金/「赤湯でグルメ!産地ワインで楽しむ温すきプラン」1万5900円~
アクセス/電車:JR赤湯駅よりタクシーで6分
車:東北道福島飯坂ICより1時間15分
「上杉の御湯 御殿守 」の詳細はこちら

3.旅館大和屋

ブランド牛「山形牛」と酒井ワイナリーのコラボ。


青カビチーズが濃厚 「バーダップ樽熟成鳥上坂名古山」は凝縮したフルボディ/酒井ワイナリー

ゴルゴンゾーラチーズ入りの新感覚のすき焼き。青カビチーズを加えることで、山形牛リブロースの脂と割り下の風味にふくよかさが増している。青カビチーズの濃厚さを熟成したワインで受け止める。 旅館大和屋
TEL/0238-43-2257
住所/山形県南陽市赤湯972
料金/「山形牛とゴルゴンゾーラのマリッジプラン」1万5900円~
アクセス/電車:JR赤湯駅よりタクシーで5分
車:東北道福島飯坂ICより1時間15分
「旅館大和屋」の詳細はこちら

4.いきかえりの宿 瀧波

まさかの極甘口赤ワインが割り下のワインとマッチする


すき焼きの割り下に赤ワインを加えている

佐藤ぶどう酒の「金渓セレクション(赤)」

すき焼きの割り下に赤ワインを加え、コクと風味を与えることで、とろける肉質と甘みのある肉汁の味わいがより複雑に。合わせる佐藤ぶどう酒の「金渓セレクション(赤)」は、苦み穏やかな極甘口の赤ワインだ。まさかの極甘口ワインが割り下のワインとマッチする。 いきかえりの宿 瀧波
TEL/0238-43-6111
住所/山形県南陽市赤湯3005
料金/「とことん赤湯プラン」1万5000円~
アクセス/電車:JR赤湯駅よりタクシーで10分
車:東北道福島飯坂ICより1時間
「いきかえりの宿 瀧波」の詳細はこちら

5.森の湯

白ワインなどでつくったスープと牛肉の相性がよい「ゴロゴロ肉味噌鍋」

ほんのりしたスープの甘み

木いちごのフレッシュな香り広がる「ブラッシュベリー」/大浦ぶどう酒

白ワインと白味噌、生クリームなどで作ったまろやかスープと肉の甘みが好相性。揚げたゴボウとタマネギの食感もアクセントに。ほんのりしたスープの甘みにワインの澄んだ酸味が重なる。 森の湯
TEL/0238-43-2057
住所/山形県南陽市赤湯548
料金/「ゴロゴロ肉味噌鍋プラン」1万5750円~
アクセス/電車:JR赤湯駅よりタクシーで5分
車:東北道福島飯坂ICより1時間15分
「森の湯」の詳細はこちら

6.ココ・ファーム・ワイナリー

ぶどうのDNAが仲人する牛肉とワインのマリアージュ。

ノートン種らしい香ばしい後味が、 グリルしたマール牛のスモーキーさに見事に重なる

開放感あふれるワイナリーで肉とワインの宴を楽しむ。

「マール」とは、ワインを醸した後のぶどうや、そのぶどうから造った蒸留酒のこと。そう、マール牛とは、ココ・ファーム・ワイナリーのぶどうを飼料として育った牛を指す。こちらのグリルに合わせたワインは、 「こころみノートン」 。同じぶどう畑にルーツを持つもの同士、外すわけがなく、さらにソースに「こころみノートン」を加えるという入念さ。澄み切った青空を望む休日の昼下がり。光あふれるカフェで、口福の時間を満喫したい。 ココ・ファーム・ワイナリー
TEL/0284-42-1194
住所/栃木県足利市田島町611
営業時間/カフェ:11時~17時30分(LO)、ワインショップ:10時~18時
定休日/収穫祭前日、年末年始(12/31~1/2)、1月第3月から5日間
料金/マール牛のグリル3000円(土・日・祝日限定)「こころみノートン(カフェ提供価格)」4560円(ボトル)、2910円(デキャンタ)、910円(グラス)
※「ワインテイスティング(5種)(10時~17時」・1名500円)「ワイナリー見学コース」、(約45分・1名500円)なども実施。詳細は問合せを
アクセス/電車:東武足利市駅またはJR足利駅よりタクシーで20分
車:北関東道足利ICより10分
駐車場/60台
「ココ・ファーム・ワイナリー」の詳細はこちら

まとめ

以上、関東東北のブランド牛肉を味わえるお店を6つ紹介しましたがいかがでしょうか。たまには思い切って奮発し、贅沢な食事とお酒を楽しむのもオススメです。

※この記事は2015年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

県内各都市に人気店続出!福島で躍進中の注目ラーメン8選
伊勢志摩に観光に来たら…絶対食べたい「伊勢えび」ランチ!新鮮な地ものが最高!
東北きっての麺処!麺好きエリア山形の絶品ラーメン8選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP