ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジュノンボーイアナザーズ、結成6日目で海外ライブに登場し反響上々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストから初めてのグループとして結成された「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」が、シンガポールで行われた日本のポップカルチャーイベント「Anime Festival Asia Singapore 2015 (AFASG15)」のライブステージに登場した。

ステージには日本でお披露目されたばかりのグループを一目見ようと会場のファン約1,000人がステージ前に押し掛け、大きな盛り上がりを見せた。

司会からシンガポールの印象を聞かれたメンバーは、口々に「楽しい!」「街が信じられない位綺麗!」「シンガポールの人は美人が多い!」などと初々しいながらも英語を織り交ぜながら日本の良さなどをアピールし、熱いトークを繰り広げた。

ライブ後はステージ上にてファンとの握手会を行い、また会場内にあるジュノンボーイ特設ブース内ではファンとの記念撮影会を実施。2時間以上途切れない撮影希望のファンの列を見て、会場に居た海外メディアの取材や撮影依頼も相次ぎ、新人グループながら現地にて確かな手応えを感じさせた。

シンガポールでの握手会の大盛況を受け、急遽日本でも彼らの握手会及び初のファンイベントが来年1月に開催されることが決定した。またメンバー初の公式グッズも予約がスタートすることが決定した。

なお、当イベントステージには、人気お笑い芸人のチュートリアルや千原せいじなども登場し会場を沸かせた。

メンバー コメント
大岡泰三(TEAM YOUTH 15歳)
初の海外で何もかもが初めての経験でしたが、ライブは楽しかったです。これからは英語を勉強します。

黒田歩夢(TEAM YOUTH 16歳)
ライブは楽しかったですが、自己紹介もトークも全然まだまだ。日本に帰ってすぐに努力しないと駄目ですね。

小山峻(TEAM YOUTH 16歳)
自分の住んでいるところは田舎で、東京だけでも都会ですごいなと思っていたのに、海外のこんな都会でビルとか更にすごい。ホテルに向かう途中でマリーナベイサンズを見つけたので写真撮ろうとしたけど間に合いませんでした(笑)。

杉山真宏(TEAM YOUTH 17歳)
会場のお客さんは日本語でも反応してくれてとても嬉しかったです。でも歌やダンスはまだまだです。

浦崎右京(TEAM SENIORITY 21歳)
初の海外ライブでとても良い経験ができました。でも踊りを間違えてしまったので正直悔しいです。日本に帰ってレッスン更に頑張ります。

西川拓毅(TEAM SENIORITY 22歳)
頑張って英語でトークして、少しは手応えを感じることが出来たので嬉しかったです。でもステージの出来としてはまだまだです。

林裕一朗(TEAM SENIORITY 19歳)
海外のお客さんの優しさに感動しました。もっともっと良いものを見せれるグループになりたいです。この経験を絶対に無駄にしません。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP