ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

29歳は「オーバーオール」の似合うお年頃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トレンドばかりをおいかける流行りのファッションに頼るのはもう卒業したい、かといってまだ落ち着くにはちょっと早い気もする……。29歳ってそんなお年頃。
そんなお年頃女子にぜひ着てもらいたいのが「オーバーオール」。最近はつなぎの洋服でもキレイめなでデザインのものが増えていますが、着てほしいのはいわゆる昔ながらのオーバーオール
オーバーオールとは、胸当てとサスペンダーの付いたデニム地のつなぎのことで、たいてい背中がクロスしているもの。背中がクロスしていない女性向けデザインのものを「サロペット」と呼んだりもしますが、ブランドによって呼び方の定義はあいまいのようです。
昔ながらのデザインのオーバーオール、さてどんなものを選ぶべきなのでしょう?

まずは薄めカラーからトライ

A photo posted by 壽喜八 (@kotobuki8) on Nov 5, 2015 at 7:25pm PST

どうしても子どもっぽくなってしまいそうで手が出しづらい「オーバーオール」。初めて挑戦してみるのなら、ブルーデニムよりも、グレーや白など薄めのカラーのほうが大人っぽく着こなせます。
これからの季節はグレーがおすすめ。かくいう私も、ファーストオーバーオールは白を選びました。それで、意外と使える!ことに気づき、おしゃれで楽ちんなオーバーオールにどんどんハマっていったのです……。

すっきりシルエットは国内ブランドが狙い目

A photo posted by MOUSSY (@moussyofficial) on Oct 27, 2015 at 11:12pm PDT

オーバーオールって、作業服みたいなだぼっとしたシルエットが苦手……。そんな人が狙うべきは、国内ブランドのもの。デザインは昔ながらのものに似せて作られていつつ、日本人の体型に合わせてシルエットが細身で着こなしやすいものが多いのが特徴です。
個性的でフェミニンな靴&バッグと合わせると、高感度に。リラックスしたいときはシンプルなスタイルで。合わせるコーディネートによっていろいろな表情を楽しむことができます。

古着モノを潔くシンプルに着てこそ大人

A photo posted by m a i ♡ (@m_amec_o) on Nov 16, 2015 at 6:19am PST

私がじつは一番推したいのは古着のオーバーオール。デニムのくたっとした味わいや普遍的なシルエットは、新品には出せないものです。私自身、「Lee」の古着のオーバーオールを最近よく着ています。夏に購入したものなのですが、いまの季節も大活躍! 
古着はシルエットがだぼっとしていて着こなしが難しいものが多いので、試着は必須。一見オーバーサイズに見えてもウエストはシェイプされているものなどもあり、見た目と着たときの印象がだいぶ違います。
大人がさらっと着こなす「オーバーオール」って、なんだか余裕あるおしゃれを知っている人という感じがしますよね。29歳は、それができる年齢でありつつ、まだ痛々しさもない。だからこそ、トライしてみるならいまなのです。
まずは、自分に似合いそうな色や形を探し出すところからスタート。オーバーオールがおしゃれに着こなせると、おしゃれの階段をまた一歩上がることができるはずです。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・アリアナの香水にマライアの口紅……クリスマスにほしいご褒美コスメ
・寒い冬のおこもりは、女子映画と香りで胸キュンが止まらない
・おしゃれ好きの男性のプライドをくすぐる褒め言葉

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP