ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ザ・ビートルズ1』爆音試写会が全国5か所で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 【『ザ・ビートルズ1』5大都市同時爆音試写会】が、11月30日にZepp札幌、Zeppダイバーシティ東京、Zepp名古屋、Zeppなんば大阪、Zepp福岡の各会場で開催された。

 11月6日に発売され、ビルボードジャパンアルバムセールスチャート、複合アルバムチャート(11/16付)でともに1位を獲得した『ザ・ビートルズ1』。試写会は本作を購入した人や、ユニバーサルミュージックのウェブサイトから応募した一般客が招かれて、5大都市で同時に開催された。

 東京会場では、日本人で初めてビートルズの単独取材に成功し、「ビートルズに一番近い編集者」としての書籍も出版されている元ミュージック・ライフ編集長の星加ルミ子がゲストに登場。東京大学ビートルズ研究会「ABBEY ROAD」のメンバーもステージに上がり、司会のサエキけんぞうと共にトークを繰り広げた。 サエキは「2010年を越えて、さらに音が良くなっているのがすごい。出せば出すほど音が良くなっている」と発言し、星加は「音楽性についても、ビートルズは50年経っても新しい」と指摘した。

 東大ビートルズ研究会のメンバーは「研究会は演奏するサークルで、研究しながら距離を縮めている。リマスターの『ビートルズ1』でより細かく聴こえる」と新ミックスのサウンドを称賛。「ポールが好き」という東大女子学生の発言に対して、星加は「若い人と話が合ったわ」と喜び、「ポールはハンサム、イケメンっていうより、可愛い」と持論を展開、ポールがアップになる「ヘイ・ジュード」の映像を例に、ポールへの愛を語った。

 イベント本編では『ザ・ビートルズ1』の映像DISC1に収録された27曲の映像が上映された。すべてイギリスあるいはアメリカでシングル・チャート1位を獲得した楽曲で、21世紀の最新技術でリストア(修復)された美しい映像が、Zeppに新たに導入されたフルHDの4倍を超える高精細4K“SXRD”液晶デバイスを搭載したソニーのプロジェクターに映し出され、音声も2015年最新ミックス・サウンドが爆音で再生され、普通では体験できない貴重なイベントになった。終演時には大きな拍手が会場を包んだ。

◎リリース情報
2015/11/6 RELEASE
(1)『ザ・ビートルズ1』 ※期間限定
SHM-CD&DVD 
27曲の音源+同27曲のプロモーション・ビデオ
3,980円(tax out)
(2)『ザ・ビートルズ1』 ※期間限定

SHM-CD&ブルーレイ
27曲の音源+同27曲のプロモーション・ビデオ
4,980円(tax out) 

(3)『ザ・ビートルズ1~デラックス・エディション』 ※初回生産限定
SHM-CD&2DVD
(1)に23曲のビデオが入ったボーナスDVD付
8,800円(tax out)

(4)『ザ・ビートルズ1~デラックス・エディション』※初回生産限定
SHM-CD&2BD
(2)に23曲のビデオが入ったボーナスBD付
9,800円(tax out)
  
(5)『ザ・ビートルズ1』 DVD 
27曲のビデオ 3,900円(tax out)    
(6)『ザ・ビートルズ1』 ブルーレイ
27曲のビデオ 4,900円(tax out)
   
(7)『ザ・ビートルズ1』 SHM-CD
2,600円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review: 『ザ・ビートルズ1』 なぜコンピ盤がここまで世界的に評価と人気を得ているのか?
【深ヨミ】最新『ザ・ビートルズ 1』人気の形態は?
【Hot Shot Discs】オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP