ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三浦大地もゲスト出演、ストリートダンスの祭典『Shibuya StreetDance Week』開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月22日と23日に行われた『Shibuya StreetDance Week』のイベントに特別ゲストとして三浦大地が登場した。

 同イベントは二日間に渡りDANCE DANCE ASIAプロジェクトの一環として開催。22日は代々木公園内に様々なブースが設置され、ストリートダンスで交流を深めることを目的にダンスバトルやフラッシュモブ、トークイベントなどが行われた。

 高校生ストリートダンス選手権では、現役の高校生たちが舞台『A Frame』へのフロントアクト出演や海外でのツアーへの参加権をかけ野外ステージで熱いダンスを繰り広げた。ゲストダンサーとして、S**t kingzやSHOW GUNら若手を担うグループが登場したほか、SAM(TRF)、KOJI(ROOTS/ALMA)、PInO(ALMA)、KATSUMI(PYRO)、GENKI(PYRO)、SHOGO(Bounce Stream)、YOSHIYUKI(Bounce Stream)ら世代を超えたハウスダンサーたちによるこの日限りのユニットが実現した。

 また、参加型プログラムの一つであったフラッシュモブの課題曲「Music」を歌う三浦大地が特別ゲストとして登場し、歌に合わせてステージ上のダンサーや観客とともにダンスを踊るとステージは大いに盛り上がった。

 選手権の優勝に輝いたのは東野高等学校、準優勝は二松学舎のチームが獲得した。審査員を務めたs**t kingzのshojiは、近年ストリートダンスが教育に取り入れられ始めていることに触れ、「出演していた子どもたちからは、応援してくれる誰かを喜ばせたい、楽しませたいという思いがしっかり伝わってきた。それだけで教育につながる価値はあるし子どもを支えてあげる理由になるはずだ」と語った。

(C)HAMASHOW

◎イベント概要 『Shibuya StreetDance Week』
日程:2015年11月22日(日)・23日(月・祝)
場所:代々木公園(野外ステージ・ケヤキ並木・イベント広場)、HARLEM 、 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
主催:国際交流基金アジアセンター、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、株式会社パルコ
共催:渋谷区
助成・協力:東京都
後援:公益財団法人東京都公園協会
特別協力:東京急行電鉄株式会社
協力:渋谷公園通商店街振興組合、商店街振興組合原宿表参道欅会、特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所
協賛:グローイングトゥギャザー(リファイン渋谷店)、CAMURO DANCE STUDIO、En Dance Studio、HANEDA ENTERTAINMENT STUDIO、Pleasure Garage Group、SOUL AND MOTION DANCE STUDIO、STUDIO A-Sh
企画・制作:パルコ

関連記事リンク(外部サイト)

【DANCE DANCE ASIA ―Crossing the Movements】Hilty&Bosch、the ZOO Thailand、東京ゲゲゲイが出演した最終日公演をレポート
【DANCE DANCE ASIA ―Crossing the Movements】東京公演が開幕、初日から様々なジャンルの一流ダンサーたちが観客を圧倒
【DANCE DANCE ASIA ―Crossing the Movements】東京公演の開催に向けた通しリハーサル、アジアを繋ぐストリートダンス

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP