ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お笑い怪獣・明石家さんまが「テレビの視聴率の低下」について語る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月28日に放送されたMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で明石家さんまが最近の視聴率について語り、話題を呼んでいる。

あるリスナーから、『SMAP×SMAP』で木村拓哉が自分が出演しているドラマの視聴率について「気にもなるけど、若い頃とは全然違いますね。『この人とこの人がこういう役をやっていて、こういう話だったね』っていう伝わり方をしてくれれば、もうそれで十分だなって。それを観て『こういう仕事をやってみたいなと思いました』とか、観てくれた人が感じてくれた方が嬉しいな」と語っていたというメールが紹介されると、さんまは、「テレビ自体が視聴率っていうのをわーわー言うような時代でもなくなったのは確かやしね」と感想を語った。

そして「我々なんか、(視聴率)30%をとろうとしてた時代の人間やから。今は13、14%だなんだって『やりました!』ってガッツポーズをとる時代やから」と打ち明け、その数字のギャップについて「もう、なんか・・・ギャップがありすぎてね。テレビを観るっていうのが、今時代がかなり違ってきてますから。その辺は今の子らは可哀想やね・・・」と同情を寄せた。

しかし、そんなさんまも、「俺らも落差がありすぎて、どうなってんねん?っていう感じにはなってますね。だから『20%とったら凄い!』『25%で凄い!』って言われてて。今25%なんかとったら、とんでもない騒ぎになりますから。『2桁だ!』でガッツポーズやからなね。局によって色々違いますけど。2桁でガッツポーズとる時代になったか~って寂しさやね、俺は」とその虚しさを打ち明けた。
しかし最後には、「視聴率は気にせんでええ。それは放送局が気にしたらええことでね。我々が気にするもんではないですね」と語るさんま。

■参照リンク
『ヤングタウン土曜日』公式サイト(MBSラジオにて毎週土曜日夜22時~放送)
http://www.mbs1179.com/yando/

関連記事リンク(外部サイト)

お笑いモンスター・明石家さんまのスゴすぎる「伝説の神対応」まとめ
映画『スティーブ・ジョブズ』予告編到着!「もしパソコンが美しく誰もが欲しがったら?そしてもし誰もが手に入れる事が出来たら?」
ドラマ『下町ロケット』が2話目にして早くも名言製造機!阿部寛の言葉が「技術者魂全開」と話題に
明石家さんまが語る、「福山雅治と木村拓哉の共通点」とは?
『ヒルナンデス!』MC・南原清隆の謎の強さをネットユーザーが分析 「スベってるだけなのに裏番組を倒す」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP