ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お土産にもおすすめ!ベルギーのチョコレートブランドTOP10

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅」

TRiPORTライターのさとりんです。
ベルギーを代表するチョコレート。日本でも多くの人から愛されているベルギー産のチョコレートブランドがたくさんありますよね。あの大人気のゴディバもベルギーのブランドです。
せっかくベルギーを訪れるなら、カカオの香り豊かで、コクのある深い味わいのチョコレートを食べたいですよね。
そこで今回は、多数あるベルギーのチョコレート屋さんから、ベルギーの地元で人気のお店、有名なブランド店を10店舗ご紹介したいと思います。

ベルギーチョコレートが人気のワケ

ベルギーチョコのおいしさを引き出しているのが、カカオ豆を絞って取り出した植物油脂カカオバター。
ベルギーが発祥の地であるプラリネや、クーベルチュール・チョコレートと言われる高級な製菓用のチョコレートは、国際規格により「カカオが35%以上」で「カカオバター31%以上を含有すること」と、カカオバター以外の油脂を使用してはいけないという、厳しいルールがあります。
これが、カカオのコクやうっとりするような滑らかな舌ざわりのベルギーチョコレートと他のものとの差です。

ベルギーチョコレートのオススメの名店TOP10

1. WITTAMER(ヴィタメール)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑪ ~ブリュッセルからロンドン、そして帰国~」

ブリュッセルのサブロン広場にあります。ヴィタメールはオーストラリア出身のアンリ・ヴィタメールによって、1910年にオープンしました。創業してから約100年もの歴史があるお店で、王室も御用達のブランドです。
元々はケーキの専門店でしたが、1960年に3代目のオーナーによってチョコレートをはじめました。1つ1つ丁寧に作り上げるチョコレートは、チョコレート好きの間では、ノイハウスやゴディバよりもおいしいと言われています。
アンリ・ヴィタメールの信念は、本当においしいものを一番良い状態で味わってもらいたいということだったため、チェーン店を作ることは考えていませんでした。しかし! 日本でのみお店を出しているんです。
もともとはケーキ屋さんなので、もちろんケーキもオススメです。

さすがベルギー王室御用達のチョコレート専門店という高級感。
こげ茶色のパッケージにピンクのリボンがとても可愛くて、素敵♪
値段が高いので、そんなに頻繁に食べることはできませんが、上品で口解けの良い上質のチョコレートでおすすめです☆
出典 「どれから食べようかなぁ♪」ヴィタメール(WITTAMER) / ショコラ・ド・ヴィタメールの口コミ-食べログお取り寄せより

Wittamer(ヴィタメール)
住所:6-12-13 Place du Grand Sablon 1000 Bruxelles,ベルギー
TEL:+32(0)2 512 37 42
営業時間:
マカロン・チョコショップ
月 10:00~18:00、火~土 9:00~19:00、日 9:00~18:30
ケーキ・食材屋
月 9:00~18:00、火~土 7:00~19:00、日 7:00~18:30
カフェ 火~日 9:00~18:00
定休日:祝日
アクセス:メトロ2、6番線Louise駅もしくは1、5番線Gare Centrale駅下車。徒歩約7分。
公式ホームページ:https://www.wittamer.com/en

2. PIERRE MARCOLINI(ピエール・マルコリーニ)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑨ ~ロンドンからブリュッセルへ~」

高級チョコレート店として、日本でも人気のベルギーチョコレートです。バレンタインの時にプレゼントされる方も多いようですね。
創業者のベルギー出身のピエール・マルコリーニは、パリの「フォション」での修業経験を持っています。そして独立後、1994年にブリュッセルにお店をオープンさせました。
彼が鬼才と言われているのは、ショコラティエ、パティシエ、ジャムや砂糖菓子の専門職人であるコンフィズリエ、アイスクリーム職人であるグラシエの4つの資格を持っている数少ない人物だから。
そんなピエール・マルコリーニは、カカオの選別から焙煎、粉砕、調合、精錬までのすべてを自身が行うというこだわりようで、産地による味の違いを楽しんでもらいたいとのこと。
ピエール・マルコリーニのチョコレートは、少し小さめのサイズで、砂糖やミルクを控えたほろ苦い味わいが特徴です。
また、ピスタチオやショウガなど、積極的に新しいテイストにも挑戦しているので、新作が楽しみです。

ベルギーといえばチョコレート。日本で買うよりも断然安く買えます。ピエールマルコリーニはチョコが小ぶりで、デザインもかわいいので、お土産にぴったりです。
出典 “チョコレート好きはぜったい外せない!” ピエールマルコリーニの口コミ-トリップアドバイザーより

Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)
住所:1Rue des Minimes 1000 Bruxelles,ベルギー
TEL:+32(0)2 514 12 06
営業時間:10:00~19:00、金・土 10:00〜20:00
定休日:祝日
アクセス:メトロ2、6番線Louise駅もしくは1、5番線Gare Centrale駅下車。徒歩約7分
公式ホームページ:http://www.pierremarcolini.jp/(日本語)

3. Galler(ガレー)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑨ ~ロンドンからブリュッセルへ~」

元々は板チョコメーカーで、現在も商品によってはスーパーなどでも買うことができます。厳しい条件と審査に合格し、1995年には王室御用達になりました。なので、きちんと実力が認められているチョコレートなのです。
ガレーのチョコレートは、一口でそのチョコレートの魅力と口溶けを堪能してもらいたいということから、ベルギーのチョコレートの中でもサイズが小さめに作られています。
材料の配合バランスが絶妙で、素材の味が最大限に活かされいて、たまらないおいしさです。
オススメは24種類ある板チョコ。見た目にもカラフルでかわいいです。
一部商品は、コンビニで買った方がお得なので、見比べてみましょう。

見た目に綺麗で、チョコも実力派揃い。満足です。プレゼントに向いています。もし私がこれを貰ったら嬉しいです。
ゴージャスさを求める人は、GODIVAへどうぞ。どちらもベルギー王室御用達で、GALLERはカジュアル感が強いです。
出典 「かわいいミニバー」Galler(ガレー)チョコレート ベルギー王室御用達 ミニバーギフトボックス 24本セットのカスタマーレビュー-Amazonより

Galler(ガレー)
住所:44, rue au Beurre 1000 Bruxelles,ベルギー
TEL:+32(0)2 502 02 66
営業時間:10:00〜22:00
公式ホームページ:http://www.galler.co.jp/(日本語)

4. GODIVA(ゴディバ)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑩ ~ブルージュ&ゲント~」

日本でもお馴染みのゴディバのチョコレート。日本では特別な日の高価な贈り物として用いられることが多いですね。
ベルギーチョコ=ゴディバと言っても過言ではありません。そんなゴディバは、もちろん王室御用達のブランド。ブリュッセルの中心街には多くの店舗が存在します。創業は1956年で本店はグランプラスにありますが、この本店は2007年にリニューアルされました。
ゴディバのチョコレートは東南アジア、アフリカ、南アメリカ産などのカカオ豆の中で、最上級の品質のものを選んで、最高の技術で作られています。だから、カカオの香りが豊かなんです。
現在は、80か国以上の国に出店しており、世界中で人気のチョコレートメーカーになっています。
この店舗では、イチゴのチョコディップを楽しむことができます。しかも、チョコレートの表面には「GODIVA」の刻印入りで、スペシャル感満載の商品です。
本社付近にはゴディバのアウトレットもあるので、多少傷がついていても、たくさんほしい方や、定価商品のものは高くて手がだせないという方にオススメです。

安いチョコのように嫌味な甘みはなく後味にのこるチョコの甘みがいい感じ
ぜひもういちど食べたいチョコNO1です
出典 「高級の代名詞」ゴディバ(GODIVA)/チョコレートの口コミ-食べログお取り寄せより

GODIVA Grand Place(ゴディバ グランプラス店)
住所:Grand-Place 22, 1000 Bruxelles,ベルギー
TEL:+32(0)2 511 25 37
営業時間:9:00~22:00、日・祝 10:00~23:00
アクセス:ブリュッセル中央駅より徒歩約3分。
公式ホームページ:https://www.godiva.co.jp/(日本語)
・GODIVAアウトレット
住所:Avenue de Jette 4 , 1081 Brussels,ベルギー
TEL:+32(0)2 422 17 98
営業時間:月~土 10:00~18:00
アクセス:メトロ2、6のSimonis-Elizabeth駅下車。徒歩約2分。

5. Jean-Philippe Darcis(ジャン=フィリップ・ダルシー)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑨ ~ロンドンからブリュッセルへ~」

名立たる有名店「ヴィタメール」と「ルノートル」で修業をしたジャン=フィリップ・ダルシーが、25歳に独立後、立ち上げたブランドです。
オススメなのがガナッシュ。花や果実のフレーバーがおしゃれで、カカオアロマが口いっぱいに広がり癒されます。そして、口溶けなめらかなガナッシュと融合したら感動もの!
ピエール・マルコリーニに引けをとらないにも関わらずコスパがいいので、オススメのチョコレートブランドです。
その他に、マカロンも人気ですよ。
ブリュッセル本店には日本語ができるスタッフもいるので、安心です。

詰め合わせの中からまず一番良かったのが「キャラメル」のシリーズ。
塩×キャラメル りんご×キャラメルの組み合わせにダークチョコが最高に良く合います。
次に「ガナッシュ」のシリーズ。
パッション、アールグレイ、ローズなどのコーティングが本当に香りが良く、ショコラもとても美味しかったです。
詰め合わせで外れがないのは珍しいなと思いました。どれもとても美味しかったです。
出典 「名古屋のバレンタイン会場にて」JEAN-PHILIPPE DARCIS 京都大丸店の口コミ-食べログより

Jean-Philippe Darcis(ジャン=フィリップ・ダルシー)
住所:14 Petite Rue au Beurre 1000 Bruxelles,ベルギー
TEL:+32(0)2 502 14 14
営業時間:10:00~19:00
定休日:無休
アクセス:プレメトロ3、4番線 Bourse/Beurs駅下車。徒歩約3分。
公式ホームページ:http://darcis.com/#!/

6. Neuhaus(ノイハウス)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑨ ~ロンドンからブリュッセルへ~」

スイス人の薬剤師ジャン・ノイハウスによって1857年に創業された、ノイハウス。
王室御用達のブランドにもなっているノイハウスは、クリームやナッツをチョコレートで包んだ「プラリネ」を生み出したお店でもあります。
質の高い材料と伝統のある手法で、格式を守り続けています。
ベルギーでは高級チョコとして、ゴディバと人気を二分しているブランドです。

美味しいチョコレートが食べたい食べたい食べたーーーい!!
って時は、ノイハウスにお邪魔いたします。チョコレートって、こんなに奥が深いのねぇ、ふぅ〜♡♡繊細なコクがあり、甘すぎず、重たすぎず、絶妙なバランスの甘さ!!
出典 銀座「チョコレートが食べたい食べたい食べたーーーい!! って時は、…」:neuhaus 銀座本店の口コミ-Rettyより

Neuhaus(ノイハウス)
住所:25-27 Galerie de la Reine,1000 Bruxelles,ベルギー
TEL:+32(0) 2 512 63 59
営業時間:10:00~20:00、日・祝日 ~19:00
定休日:無休
アクセス:
メトロ1、5番線Gare Centrale駅下車。徒歩約5分。
プレメトロ3、4番線 Bourse/Beurs駅下車。徒歩約5分。
公式ホームページ:https://www.neuhauschocolate.com/index-en.htm

7. The Chocolate Line(ザ・チョコレート・ライン)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑩ ~ブルージュ&ゲント~」

ユーモアと独自性を持ち、常に新しい風を吹かせている個性派のベルギーチョコレートブランド、ザ・チョコレート・ライン。
ザ・チョコレート・ラインの代表者であるドミニク・ペルソーヌ氏はフランスの有名な週刊誌で、世界の五大ショコラティエに選ばれた人物です。
ここのチョコレートの特徴は、斬新なフレーバーに果敢に挑戦し、今までのベルギーチョコレートとは違ったものを生み出していること。
そのフレーバーは、ベーコン、コーラ、トマト、黒オリーブ、カレー、醤油、コリアンダーなど、今までに味わったことのないフレーバーが多く、興味をそそられるものばかり。
また、見た目もポップなデザインなので、おしゃれを楽しむ感覚で気分に合わせてチョコレートを選ぶことができますよ。
ザ・チョコレート・ラインを訪れるなら是非、本店を訪れてもらいたいです。実は、皇帝ナポレオンが所有していたアントワープ宮殿内にあるんです。そのため、本店のアントワープ店は、豪華絢爛。
ユニークなデザインの現代的なチョコレートと歴史的建造物がうまくマッチして、素敵なお店になっています。
ザ・チョコレート・ラインで、是非変わり種のチョコレートを食べて、新しいチョコの世界観を楽しんでみては?!
その他にも、チョコレートのリップクリームや、ボディークリームも販売されていて、お土産に人気です。

オーソドックスなチョコレートに加えベーコン、ゆず、醤油などなど・・名前から味の想像ができるようなできないようないろいろなフレーバーがあります。
チョコレート好きな友人へのお土産に20種類くらい詰め合わせにしてもらいました。
自分用にも数種類購入しました。凝ったフレーバーのものよりもオーソドックスなものの方が個人的には好きでした。
選ぶのはとても楽しいです。実際に食べることを考えると味の好みがわかれるかもしれません。
出典 “ブルージュ出身のショコラティエのお店” The chocolate line – Dominique Persooneの口コミ-トリップアドバイザー

The Chocolate Line(ザ・チョコレート・ライン)
住所:Paleis op de Meir 50, Antwerp,ベルギー
TEL:+32(0)3 206 20 30
営業時間:9:30~18:30(月・日 10:30~)
定休日:12/25、1/1
アクセス:国鉄ブルージュ駅徒歩約15分。
公式ホームページ:http://www.thechocolateline.be/nl/

8. Chocolatier BURIE(ブリー)

Photo credit: Maarten Van Damme via flickr cc

メイヤー通りのショッピング街の近くにあり、チョコレート店がたくさん並んでいる中の一軒。鮮やかなブルーの看板が目印のお店です。
創業は1962年。ハンズ・ブリーがアントワープにお店をオープンさせ、現在は彼の息子が彼の味を守り続けています。
日本代表としても大活躍されている、川島選手。リールセSKに所属していた時から、ベルギーで一番おいしいチョコレートだと言って通っていたそうですよ。
このお店の特徴は、ご当地ベルギーチョコレートであること。他のチョコレートブランドが店舗数を増やしたり海外進出したりする中、ブリーは、あくまでもアントワープ内で、職人による手作りであることと新鮮さにこだわった、クラシカルなチョコレートです。
くせがなくチョコレート本来のコクを楽しむことができます。
数あるベルギーチョコレートでも、アントワープでしか手に入らない貴重なチョコレートとして、お土産に人気です。
特に人気なのは、アントワープの「手型」や「ダイヤモンド型」のチョコレート。その他にも期間限定のチョコレートなども販売されていて、種類も豊富です。
ラッピングもブリーのイメージカラーである青と白を使用し、すっきりと爽やかな印象なので、男女共に好まれます。
また、店頭にはシーズン毎やイベント毎に、職人による大きなチョコレートアート作品が展示されているので、お店の前を通るだけでも楽しめますよ。

ダイアモンド形のチョコレートが有名なようですので、購入しました。ベルギーでは、チョコレートは小袋にわけて量り売りしてくれるので、少ない量でも気軽に買えます。ブリーは紙のような袋だったのでしょうか、他のところはわりと透明な袋が多かったように思います。Burieは、お店構えも素敵で、ロイヤル感が漂うブルーに、どどんとお店の名前が大きく掲げてあって、見つけやすいと思います。お店の方も、どのチョコレートにしようか迷っていても、とっても優しく対応してくれました。
出典 「ダイアモンド形のチョコレート。」ハンス・ブリーのクチコミ-旅スケより

Chocolatier BURIE(ブリー)
住所:Korte Gasthuisstraat 3, 2000 Antwerpen,ベルギー
TEL:+32(0)3 232 36 88
営業時間:月~土 10:00~18:00
定休日:日・祝日
アクセス:メイヤー通りから徒歩約5分。
公式ホームぺージ:http://burie-chocoladepralines-antwerpen.be/nl

9. demeestere(デメーストレ)

ルーヴェンのへヴェレーという街の大通り沿いにある、有名店デメーストレ。
ルーヴェンでは「ベルギーで一番おいしいチョコレート屋さん」と言う人もいるぐらい、とっても人気のお店です。
夫婦で経営しており、御主人のWimさんがチョコレートを作り、奥さんのNancyさんが接客を担当しています。
デメーストレのチョコレートは、日本人の舌にもよくあい、種類も約30種と豊富。
買い方は、箱のサイズを選び、お好みのチョコレートを選んで詰めてもらうタイプ。自分用にちょっとだけ買いたい人には、量り売りもしているので、そちらがオススメです。
その他にもケーキやタルトも売っているので、是非試してみて下さいね。

demeestere(デメーストレ)
住所:Naamsesteenweg 288, Heverlee 3001,ベルギー
TEL: +32(0)16 261316
営業時間:9:00~18:00
定休日:日・月
アクセス:Heverlee駅より徒歩約5分。
公式ホームページ:http://www.chocolade-demeestere.be/

10. Frederic Blondeel(フレデリック・ブロンディール)

1994年にベルギーのブリュッセルで創業したフレデリック・ブロンディールは、ブリュッセルの中でも実力のあるショコラティエ。そんな彼のお店では、本格的なチョコレートが味わえます。
フレデリック・ブロンディールが1番こだわっているのがカカオ豆です。彼が使用するカカオは直接プランテーションから買い付けたり、カカオのスペシャリスト達から買い、上質なカカオを厳選しています。
彼が得意なのは、カカオから作ったオリジナルのチョコレートと、香辛料の組み合わせです。彼自身が調合したチョコレートは、チョコレートの風味を活かし、甘すぎず爽やかな味です。
しかし、1番人気は、独特の焙煎方法で作られたクーベルチュールを使用したオリジナルショコラ。
2店舗目ではアイスクリームやドリンクなども販売され、若い人たちに人気です。
ベルギー内だけにとどまらず、イギリスの3つ星以上のレストランやホテルなどにも出店し、高い評価を得ています。

カルダモンやコリアンダーなどのスパイシーなフレーバーチョコが多く
ショコラ・ショーもマダガスカル産など産地ごとに濃度もわかれています。
自分で砂糖を入れて甘さを調節するので好みにできました。
出典 「聖カトリーヌ広場でチョコ」フレデリック ブロンディールの口コミ-フォートラベルより

Frederic Blondeel(フレデリック・ブロンディール)
住所:Quai aux Briques24 B-1000 Brussels,ベルギー
TEL:+32 2 502 21 31
営業時間:日~金 13:00〜18:45(土 10:30〜)
アクセス:メトロのブリュッセル中央駅から2駅の「聖カトリーヌ教会駅」下車すぐ。
公式ホームページ:http://www.frederic-blondeel.be/

おわりに

気になったベルギーチョコレート店はありましたか?
ベルギーにはたくさんの有名店や地元の人に愛されるお店まで、たくさんあるので是非、お気に入りのお店を見つけてみてください。
そして、自分へのご褒美として、大切なあの人へ感謝の気持ちを込めてなど、お土産として買ってみて下さい。本場のベルギーチョコレートなら喜ばれること間違いなしです!
ベルギーに行った際は、チョコレートはマストバイです!

ライター:Satoko Sumitomo
Photo by: Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅」

関連旅行記

*emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑪ ~ブリュッセルからロンドン、そして帰国~」
*Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅」
*Saki Ishizaka「【弾丸】ベルギー食べ歩きの旅!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP