体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「僕は、これで世界一周します!」安全なのにタダで世界一周できる方法とは

ちょっと怪しいタイトルですね。本当に無料で世界一周できるのでしょうか。

今回ご紹介する方法は、「航空会社のマイレージプログラムを活用する」という方法です。

貯まったマイルを使うことによって、世界一周がダタでできてしまうのです。ちなみに、世界一周航空券を普通に購入すると、航空会社やルートにもよりますが30万円以上すると言われています。

 

もしマイルで行けたらかなりお得ですね。今回はその概要についてご紹介したいと思います。

 

ANAマイルで取得できる、世界一周特典航空券とは?

shutterstock_272917463

photo by shutterstock

マイレージプログラムは各航空会社いろいろとありますが、今回はANAマイルで取得する「世界一周特典航空券」についてご紹介します。

ANAマイルを利用することによってANAの国内線や国際線、またANAの提携航空会社の特典航空券に交換することができます。

現在(2015年11月)ANAは、ゾーン制という渡航先の国のゾーンによって必要マイル数が決まりますが、世界一周航空券に関しては距離制を採用しています。

そのため、各都市間を結んだ距離(マイル数)に応じて必要マイル数がちがってきます。

 

また、ANAマイルで取得する世界一周航空券は、通常購入する世界一周航空券と条件(渡航できる都市数など)がちがいますので、ご注意ください。

 

世界一周に必要なANAマイル数は?

ana2

photo by ken H

結論から言うと、ANA65,000マイルです!これだけ貯めることができれば世界一周できます!

世界一周のルートを結んで合計の距離が18,000マイル以内であれば、ANA65,000マイルで世界一周できます。

ANAマイルはANAだけではなく、スターアライアンス加盟の提携航空会社の便の予約もできるため、エアカナダやトルコ航空、ユナイテッド航空なども利用できます。

(以下、スターアライアンス加盟提携航空会社)

スターアライアンス加盟航空会社

photo by ANA

これらの航空会社を上手く利用して、世界一周のルートを作成します。

ちなみに、ANA65,000マイルというのは、最短ルートに近い距離の都市間で結んだ場合なので、8都市のうち1都市1都市が離れているルートを選ぶと必要マイル数はもっとかかります。

 

ここでボクが予約したルートを参考にご紹介します。

関西国際空港(大阪)→イスタンブール(トルコ)→フランクフルト(ドイツ)→ブリュッセル(ベルギー)→モントリオール(カナダ)→トロント(カナダ)→シアトル(アメリカ)→サンフランシスコ(アメリカ)→ロサンゼルス(アメリカ)→(羽田空港経由で)→千歳空港(北海道)

 

ほぼ東西一直線に近いルートを選び、最後の方にシアトルから南に下るというルートです。このルートだと、ANA75,000マイルが必要となります。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。