ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「僕は、これで世界一周します!」安全なのにタダで世界一周できる方法とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ちょっと怪しいタイトルですね。本当に無料で世界一周できるのでしょうか。

今回ご紹介する方法は、「航空会社のマイレージプログラムを活用する」という方法です。

貯まったマイルを使うことによって、世界一周がダタでできてしまうのです。ちなみに、世界一周航空券を普通に購入すると、航空会社やルートにもよりますが30万円以上すると言われています。

 

もしマイルで行けたらかなりお得ですね。今回はその概要についてご紹介したいと思います。

 

ANAマイルで取得できる、世界一周特典航空券とは?

photo by shutterstock

マイレージプログラムは各航空会社いろいろとありますが、今回はANAマイルで取得する「世界一周特典航空券」についてご紹介します。

ANAマイルを利用することによってANAの国内線や国際線、またANAの提携航空会社の特典航空券に交換することができます。

現在(2015年11月)ANAは、ゾーン制という渡航先の国のゾーンによって必要マイル数が決まりますが、世界一周航空券に関しては距離制を採用しています。

そのため、各都市間を結んだ距離(マイル数)に応じて必要マイル数がちがってきます。

 

また、ANAマイルで取得する世界一周航空券は、通常購入する世界一周航空券と条件(渡航できる都市数など)がちがいますので、ご注意ください。

 

世界一周に必要なANAマイル数は?

photo by ken H

結論から言うと、ANA65,000マイルです!これだけ貯めることができれば世界一周できます!

世界一周のルートを結んで合計の距離が18,000マイル以内であれば、ANA65,000マイルで世界一周できます。

ANAマイルはANAだけではなく、スターアライアンス加盟の提携航空会社の便の予約もできるため、エアカナダやトルコ航空、ユナイテッド航空なども利用できます。

(以下、スターアライアンス加盟提携航空会社)

photo by ANA

これらの航空会社を上手く利用して、世界一周のルートを作成します。

ちなみに、ANA65,000マイルというのは、最短ルートに近い距離の都市間で結んだ場合なので、8都市のうち1都市1都市が離れているルートを選ぶと必要マイル数はもっとかかります。

 

ここでボクが予約したルートを参考にご紹介します。

関西国際空港(大阪)→イスタンブール(トルコ)→フランクフルト(ドイツ)→ブリュッセル(ベルギー)→モントリオール(カナダ)→トロント(カナダ)→シアトル(アメリカ)→サンフランシスコ(アメリカ)→ロサンゼルス(アメリカ)→(羽田空港経由で)→千歳空港(北海道)

 

ほぼ東西一直線に近いルートを選び、最後の方にシアトルから南に下るというルートです。このルートだと、ANA75,000マイルが必要となります。

 

ちなみに、帰国時の都市は自由に選べるので、一度も行ったことのない北海道を選択。

普通に関西から北海道に旅行するとけっこうなお金がかかるので、世界一周特典航空券に含めることができるのはラッキーですね。

東京発で東回りで周る場合は帰国する都市は沖縄を選び、沖縄からLCCで安く東京に戻るという方法もありなのではないでしょうか。

それでは、ここからは世界一周特典航空券の条件についてご紹介したいと思います。

 

選べる都市は8都市以内。(ヨーロッパは3都市以内)

photo by Ed Schipul

選べる都市は最大で8都市です。またヨーロッパは3都市以内です。ただ、特典航空券で利用できる都市は8都市までですが、それらの都市から別の航空会社を利用するのは自由。

なので期間が長めの方は、ご自身で航空券を予約して周辺の国にも旅行しに行くのはいかがでしょうか。

 

ルート変更、日程変更について

photo by Chuck Coker

予約してしまうとその後、ルートの変更はできませんが、日程は無料で何度も変更できます

もし有効期限が間近なマイルがあればマイルが失効する前に利用しておきたいですね。ちなみにボクの場合は、3年間のマイルの有効期限が失効するということで、出発予定の9ヶ月も前に予約しました。

 

ルートを決定し、とりあえずの日程を予約しましたが、その後何度も電話して日程を変更しています。

ANAマイルは有効期限が3年できれてしまうので注意が必要ですね。マイルの有効期限がきれてしまう前に予約してしまいましょう。

 

世界一周特典航空券の有効期間と予約できる日程について

photo by Yamaguchi Yoshiaki

世界一周特典航空券の有効期間は、開始日から1年間(発券から1年以内に旅行を開始することが必要です)。出発国に戻る最後の国際線搭乗は、最初の国際線搭乗から10日目以降になります。

ゆっくりと世界一周したい人は最大1年間の旅にでることができますし、仕事や学校が忙しい!でも世界一周したい!という人は、最短10日間から予約できるみたいですので、弾丸トリップを計画してみてはいかがでしょうか。

 

また、航空会社によって、予約できる期間が若干ちがいますが、だいたい1年先までです。

そのため、1年間かけて世界一周する人は少し注意が必要です。出発すぐ前にすべてを予約しようとすると、1年分すべて予約できるかもしれませんが、直近の特典航空券が予約できないという可能性があります。

そのため、初めの方の旅程は少し早めに予約しておいて、最後の方の旅程は、あとで日程変更する、という方法もありかもしれませんね。

 

予約は電話予約で

photo by Johan Larsson

ANAのホームページからは国内線や国際線の特典航空券は予約できるのですが、世界一周航空券に関してはネット上で予約ができません。

そのため、ANAマイレージクラブ・サービスセンターに電話する必要があります。すべてのルートと日程を伝えると、担当の方が必要マイル数と燃油サーチャージ・空港税の合計額を計算してくれます。

 

ボクの場合、ルートも日程もかなりあいまいな状態で電話して、「9月の上旬ごろにヨーロッパのここらへんの都市で」と相談したのですが、かなりの便数があるので対応が難しいと言われてしまいました。

普通はある程度ルートと日程を決めてから皆さんお電話されますよ、と優しく注意されてしまいました。

なので、電話する前に日程と滞在都市(空港)を決めて、必要マイル数を計算しておきましょう。それらの都市をむすぶ航空会社の旅券が予約可能かどうか、を聞くという状態だと会話がスムーズになります。

 

ルートと必要マイルの検索方法は?

photo by GotCredit

自分が選ぶルートの必要マイル数や航空便を調べるには、下記のサイトを参考にしてみて下さい。

・フライトマッパー
http://info.flightmapper.net/ja/search

・スターアライアンス

http://www.staralliance.com/ja/round-the-world

慣れるまではけっこう大変ですが、慣れてきたらいろいろな国の都市でシミュレーションできるので旅好きはハマるかもしれませんね。

 

最後に一つ。「燃油サーチャージ、空港税はお金がかかる」!

photo by shuttestock

タイトルでは無料と言ったのにすみません。

航空会社によっては、エアカナダやスカンジナビア航空など燃油サーチャージがかからないところもありますが、ANAやいくつかの航空会社は燃油サーチャージがかかります。

 

また、空港税は都市によって、高い安いがあるので、空港税も安くすませたいという人は都市選びも重要です。

イギリスのヒースロー空港やフランスのシャルル・ド・ゴール空港は一般的に高いと言われているので、できるだけ予算を抑えたいという人は、別の都市を選んでみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、ボクが先ほど上記であげたルートですと、燃油サーチャージ・空港税の合計が66,660円でした。

イギリスやフランスも行く予定ですが、空港税を抑えるために、トルコ、ドイツ、ベルギーを選びました。ちなみにトルコはヨーロッパに含まれるみたいです。

 

でも結局、この方法、マイルがないと使えないでしょ?!

photo by Nelo Hotsuma

おっしゃるとおりでございます。まずはマイルを貯めないと話になりません。

マイルを貯めると聞くと、以前は会社の出張で飛行機によく乗る人、マイルが貯まるクレジットカードで会社の経費が落とせる人たちだけの特権だと思われていましたが、現在は、マイルを貯めるのに様々な方法があります。

Googleで「マイル 貯める 裏ワザ」などと検索するといろいろでてきますので、興味のあるかたはぜひ検索してみて下さい。

Tabippoの記事でもいくつか紹介されていますので、参考にしてみて下さい。

口コミサイトを活用!毎年タダで海外旅行へ行く方法とは

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ANA65,000マイルあればタダで世界一周できます。ぜひトライしてみて下さい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP