体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スピッツの『ハチミツ』トリビュートアルバム全曲試聴映像が公開

スピッツの6thアルバム『ハチミツ』をアルバムをまるごとカバーした『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』の参加アーティストの演奏楽曲が発表された。そして、特設サイトも更新された。

アルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』 (okmusic UP's)

特設サイトでは、アルバムに収録される楽曲をどのアーティストが演奏しているのか予想するというクイズ企画を実施していたが、全曲試聴映像の公開とともに解禁され、これにあわせてジャケットも公開された。

また、参加アーティストのコメントも到着! こちらも必見だ。

『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』ダイジェスト試聴映像
https://www.youtube.com/watch?v=8ytdneTKC5k

【参加アーティスト コメント】
01.「ハチミツ」/赤い公園  
「Spitzへの尊敬、「ハチミツ」への愛を持って、赤い公園なりに誠心誠意カバーさせて頂きました。
押忍!必聴で、宜しくお願いします!」

02.「涙がキラリ☆」/10-FEET 
■TAKUMA
音楽は記憶を呼び覚まします。
自分の青春時代に耳にして好きになった曲。
カバーした事によってこの曲の本当の素晴らしさにまた気づきました。
■NAOKI
今回「涙がキラリ☆」で参加させて頂いたのですが、
学生の頃によくカラオケで歌ってた大好きな曲だったので楽しみながらも、
ゆったりとした重厚なサウンドを意識してアレンジさせて頂きました♪♪
参加させて頂いてとても嬉しく思っています!
■KOUICHI
大好きなスピッツの大好きな曲を精一杯、自分らなりに演奏出来た事、ほんとに嬉しく思います。
スピッツのような素晴らしいバンドになれるよう僕達もまだまだ頑張るぞー。

03 .「歩き出せ、クローバー」/NICO Touches the Walls
「ロビンソン」を聴いて曲作りを始めた僕にとって、今回の『ハチミツ』トリビュートへの参加はこれ以上ない名誉であります。
改めて自分の原点と向き合うことができたし、この経験は僕ら四人にとってまさに「何よりの宝物」になりました。
スピッツへの最大限の感謝とリスペクトとともに、NICO Touches the Walls版「歩き出せ、クローバー」を皆さんにお届けいたします。
楽しんで聴いてもらえたら光栄です。

スピッツの皆さんへ

またロックロック呼んでくださいね!
二度目に呼んでもらったときの打ち上げで正宗さんに「NICOはもうレギュラーメンバーだから」って言ってもらえたこと、、、忘れてませんので!!!(笑)

04.「ルナルナ」/鬼龍院翔(ゴールデンボンバー) 
大好きなスピッツさんのトリビュートアルバムに参加させて頂けてとても光栄です。
僕の暗く暑苦しい歌声は草野マサムネさんとは似ても似つかず、レコーディングを始めた時はこんな歌声で良いんだろうか…と焦りました。
しかし、「せっかくスピッツさんサイドからオファーをいただいたのだから、
いつもの自分の暑苦しい歌声で歌いきったものを納品してみよう!」
と、ある種の開き直りのような感じで暗く暑苦しく歌わせて頂きました!
まぐれでヒットしたポッと出の僕らにとってトリビュートアルバムというもの自体に初めて参加させて頂きます。
初めての参加がスピッツさんでとても嬉しいです。

05.「愛のことば」/indigo la End
■川谷絵音
indigo la Endのバンド名の由来にもなった大好きなバンドの大好きな曲をカバー出来るなんて光栄です。インディゴ流の「愛のことば」楽しみにしていてください。

06。「トンガリ’95」 /LAMP IN TERREN
■LAMP IN TERREN 松本大(Vo&Gt)
自分の書いた曲以外をバンドでやる経験がなかったので、とても新鮮な気持ちで音楽に触れられました。

いつも通りまず僕が大まかなアレンジを作ってメンバーに持っていき、彼らもまた自由に楽しんでやっていたので、不思議と自分らの曲のようにも思えています。烏滸がましいですが。笑

気に入ってくれると嬉しいです。よろしくお願いします。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。