体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自衛隊観艦式2015 掃海母艦うらがに乗艦して

10月18日に相模湾で行われた第28回自衛隊観艦式。今回はFLEET WEEKに引き続き、観艦式についてご紹介します。なお、取材を行ったのは10月15日に実施された2回目の予行でしたので、特記のない限り、使用されている写真や映像は15日に撮影されたものです。

取材のために乗艦したのは、掃海母艦うらが(MST-463)。観艦式では、観閲艦であるくらま(DDH-144)の直後に位置する随伴艦を務めます。朝の8時45分に横須賀・船越地区を発ち、横須賀の他、横浜、木更津の各港を出た他の艦艇と共に、浦賀水道を経由して観艦式の行われる相模湾を目指しました。
観艦式が行われる海域までは、およそ3時間。参加する艦にそれぞれ体験航海で乗り込んだ一般の人々にとっては、ずっと船に揺られるだけでは飽きてしまいます。この間、各艦では装備品の操法展示や、一部の艦では音楽隊による演奏会が行われました。

【関連:観艦式2015・FLEET WEEK】

127mm砲の操法展示をするこんごう(DDG-173)

127mm砲の操法展示をするこんごう(DDG-173)

うらがでは、ヘリコプター格納庫で佐世保音楽隊の演奏会。佐世保音楽隊など各音楽隊はFLEET WEEK期間中、横須賀や横浜、木更津でも無料の演奏会を行いました。

掃海母艦うらが格納庫で行われた佐世保音楽隊の演奏会

掃海母艦うらが格納庫で行われた佐世保音楽隊の演奏会

▼【観艦式2015】うらが艦上での佐世保音楽隊演奏会
https://youtu.be/3phPM__8LPY

途中では、横須賀港開港150年記念のイベント(10月15日~10月19日)で久里浜港に向かう日本丸の姿も。

久里浜港に向かう日本丸

久里浜港に向かう日本丸

観艦式というと、他国では多数の受閲艦艇が停泊し、観閲官の乗った艦艇らが航行して観閲する方式(栄誉礼で行われる部隊巡閲と同じ)が主流ですが、海上自衛隊の観艦式は、受閲艦艇、観閲艦艇ともに航行しながら行う「移動観艦式」が特徴。観閲部隊と付属部隊の間を正対して航行してくる受閲部隊が通過するという形で、それぞれの陣形の維持や、予定時刻にちゃんと両部隊が予定した場所で出会って開始するという航海の技術(実戦であれば、相手の動きを読んで任意の場所で会敵できる)など、練度が必要とされます。

今回の観閲艦は、しらね型ヘリコプター搭載護衛艦くらま(DDH-144)。海上自衛隊で唯一残った蒸気タービン推進の艦艇で、2006年の第25回観艦式から4回連続して観閲艦を務めます。しらね型は1981年の第15回から長年観閲艦の重責を担ってきましたが、2015年3月にしらね(DDH-143)がいずも(DDH-183)と入れ替わりで退役。くらまも、現在艤装中のかが(DDH-184)が就役する2017年には退役の予定で、これが最後の観閲艦ということに。艦橋の屋上には、紅白幕で彩られた観閲台が設けられています。

観閲艦くらま(DDH-144)
1 2 3 4 5 6 7次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy