ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役バーテンダーが教える “出会い”が多いのは平日?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

社会人として連日連夜、お酒を飲むわけにはいかず、BARに顔を出すのは週末の金曜・土曜が多くなりがちではないだろうか。

たしかに金・土のほうが来客数も多く、色々な人と接することができる。しかし、現役バーテンダーのKさんの経験上、「恋に発展する出会いは平日、月から木曜日のほうが期待できると思います」とのこと。一体なぜなのか?

平日のほうがふたりきりになりやすい

BARの繁忙期はやはり週末。金曜・土曜の夜は明け方までワイワイ盛り上がる。顔なじみの面々と楽しく飲みたい人にはもってこいなのだが、マンツーマンでしっぽり恋愛モードという雰囲気にはなりにくい。

だからこそ、Kさんは平日の来店をすすめているのである。「皆さんのご想像どおり、平日のほうが来客数は少ない。つまり、男性とふたりきりになりやすいんです。それなのになぜ平日を狙わないんですか! 」と、なぜか筆者が怒られてしまったのだが…

要するに人と同じことをしていては駄目だということ。“BARでの恋は平日に始まる”と肝に銘じておこう。

サラリーマン以外を狙うなら断然平日

会社勤めの女性の場合、異業種の人と出会う機会が少ない。しかし、そんな悩みも平日のBARでスッキリ解消される。

それは、美容師、ショップ店員、不動産業などなど土・日が仕事で平日休みの人々が飲みに来るからである。

「そんな男性たちが平日のBARでひとりで飲んでいるところに、素敵な女性が現れたら… チャンスです! 」

しかも、その手の職業の男性たちも異業種の女性との出会いを求めているという。そう、平日のほうがWIN-WINな関係になりやすいと言えるのだ。

平日のBARは独身率が高い

Kさんの経験上、週末に来店する男性のほうが既婚者が多いという。奥さんがいる場合、平日は真っ直ぐ家に帰り、飲みに行けるのは週末ぐらいという人が多いのだとか。

逆に独身男性は、週末に合コンを入れたり、男友達などと過ごすことが多く、平日はBARのカウンターに座っている人が多いらしい。

疲れがたまった週末より元気な平日

さらに平日の来店には“女性を綺麗に見せる”という嬉しい効果もあるという。

「仕事の疲れがたまった週末よりも、リフレッシュして元気な月曜日や火曜日の方がお化粧ののりも良くて綺麗に見えます」とKさん。是非、平日の夜のベストな状態で恋を始めて欲しい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP