体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

〈夏の魔物 後夜祭〉 BiSH、NDG、ベッド・インを迎え大成功―OTOTOYライヴレポ

〈夏の魔物 後夜祭〉 BiSH、NDG、ベッド・インを迎え大成功―OTOTOYライヴレポ

11月29日(日)新宿FACEにて〈夏の魔物2015後夜祭~ROAD TO 10th ANNIVERSARY~〉がおこなわれ、ホストユニット夏の魔物が新曲「東京妄想フォーエバーヤング」を披露、10周年イヤーに向けて新たなスタートを切った。

この日のチケットは早々にソールドアウトとなっており、開演前から会場の中央に設置されたリングの周囲を多くの観客が幾重にも囲んでいた。

17:30になると「あ、それそれ~~!」とベッド・イン花道を通ってリングイン。「C調び~なす!」でライヴをスタートすると、かおりが赤コーナーポストに登り、まいはリングの四方を向きながらギター弾いて煽りまくり会場は早くも異様なほどのすごい盛り上がりだ。生着替えから水着姿で歌った「♂×♀×ポーカーゲーム」では、かおりがフロアに乱入してVIP席のテーブルに乗りジュリ扇を手に歌い踊りオープニングから歌舞伎町を六本木に変えて去っていった。

続いてはNATURE DANGER GANGが登場。ペイントをして大内ライダーに扮したタクがサックスを吹きながらメンバーを迎え入れ、初めてのリング上でのライヴを開始、リングの中も外も縦横無尽に使ったなんでもありのパフォーマンスで興奮の渦に叩き込まれる新宿FACE。後半、ユキちゃんが上着を脱いで「今日は初めてお父さんお母さんが観に来てます!」と叫んだのを合図に「オレたち!」に突入、大合唱で会場一体となってラストは「生きてる」で出番を終えた。

「CRASH」が場内に不穏な空気を醸し出す中、新衣装に身を包んだブラックDPGが登場。「私たちの歌を聴けー!」と「バンキュッボン」からライヴを強引にスタートさせると、赤いサイリウムがリングを囲んだ観客から差し上げられ、間奏ではメンバー全員がフロアにダイブ! 頭上を運ばれながら熱唱した。さらに続けて「ダダダダダン」を歌う5人。リーダーのプロレスラー・松本都が率いているだけあって、リングを使うのはお手のものといった感じで見事なフォーメーションによるライヴを見せた。MCでメジャー2ndシングルA面をかけてプロレスの試合をおこなうことを予告すると、「遠藤ミチロウさまに捧げます!」とパンクアレンジの「仰げば尊し」でコーナーに上がってアジテーション。ラストは「絶句東京」を歌って「ガッデム ガッデム!」で締めてステージを颯爽と後にした。〈夏の魔物〉本祭を経て自信を深めたのか、パワーアップしたブラックDPGはヒールアイドルとして確固たる地位と人気を獲得し、乗りに乗っているようだ。

〈夏の魔物〉本祭同様、BiSHが花道を通ってリングイン。その際のライヴを再現するかのようにBiSの「nerve」からスタート。すかさず清掃員がリングのエプロンに上がり、コーナーやロープによじ登る者もおり大混乱に。スタッフからの「ルールを破るようであればライブを中断します」というアナウンスが告げられるも状況は変わらず、2曲目の途中で、今度はBiSHのプロデューサー渡辺淳之介が「柵を潰したり困らせることは止めましょう」と注意がはいる中、ライヴは続行。しかし、そんな状況下でもメンバーは全力パフォーマンス。ラストは「星が瞬く夜に」でカオスなライヴを終わらせた。花道を引き揚げるBiSHのメンバーたちとすれ違いながら、入れ替わりで大トリ夏の魔物がリングイン。間髪入れず「恋シチャイナRPG」でライヴを開始すると、観客も一斉にタオルを回して応える。続いて赤い革ジャン姿の成田が「ロックンロール!」と叫び、「SUNSET HEART ATTACK」へ突入した。アントーニオ本多がスクリーム、間奏では大内ライダーが関係者席後方まで飛び出して煽れば、塚本舞とケンドー・チャンは新しくなった制服風衣装で艶やかに舞い踊る。

2曲を歌い終え、メジャー2ndシングルの発売について発表!…というタイミングで、ブラックDPGが再びリングイン。2ndシングルのA面をかけてタッグマッチで勝負せよと戦線布告した。「望むところだ! あ! しまった! 我々にはレスラーが1人しかいない…」と唇を噛むライダー。「ちょっと待って大内さん! 俺、ツイッターで相互フォローしてくれているプロレスラーを見たところアイスリボンの藤本つかささんがいたんで、今日来てくれませんかってDM送っておきました! なのできっといるんじゃないかと思うんですけど…」と成田。すると、なぜか偶然にも客席にいた藤本つかさが登場。リングへ上がり、都、つかさが先発でファイト開始。みやここコール、つかさコールが交差するなか、試合は場外乱闘へ。花道でつかさが都をボディスラムで叩きつけ、リングに戻るとアントン、つかさのダブル・バイオニック・エルボーを見せるなどチームワークで上回り、アントンのバックドロップ、ダイビングフィストドロップで機械獣を仕留めて決着をつけた。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。