体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鍵を失くして家に入れない! そんなときどうする?

家の鍵、紛失経験者は約3割!失くしたらどうする?

外出先から帰宅して、玄関を開けようと鍵を探したら……どこにもない! そんな経験をしたことがある人もいるのではないだろうか。鍵を失くして家に入れなくなったら、みんなはどうしているの? アンケート調査を行った。
約半数以上は誰かしらに連絡をとっている

今回は、一人暮らし103人、同居人あり457人の合計560人の男女を対象に調査を行った。まずは、鍵を失くして(忘れて)家に入れず困ったことがあるかについて質問したところ、「ある」を選択した人は34.3%、対して「ない」を選択した人は65.7%という結果に。そこで「ある」を選択した人に、その後どうしたかについても答えてもらった。

Q.鍵を失くして(忘れて)家に入れなかったときどうしましたか?(複数選択)

1位:同居人(親や恋人、友人など)に連絡して開けてもらった(45.3%)
2位:鍵を失くしたであろう場所に戻り、鍵を探した(忘れた場所に取りに戻った)(17.7%)
3位:管理会社に連絡した(13.5%)
4位:大家さんに連絡した(9.9%)
5位:実家に帰った(7.3%)
6位:カフェなどで同居人をひたすら待った(6.8%)
6位:家の外に隠していたスペアキーで開けた(6.8%)
8位:友達に連絡して、友達の家に泊めてもらった(4.7%)
9位:鍵110番に電話して、鍵を変えてしまった(4.2%)
10位:インターネットカフェで一泊した(1.6%)

1位は「同居人(親や恋人、友人など)に連絡して開けてもらった」(45.3%)。約半数近くの人は、同居人に助けてもらったようだ。住まいについて、誰かと同居するか、はたまた一人暮らしをするか。悩むこともあると思うが、こういうときのことを考慮すると、一人暮らしは少し不利かもしれない。

2位は「鍵を失くしたであろう場所に戻り、鍵を探した(忘れた場所に取りに戻った)」(17.7%)となった。これもよくあるパターンではないだろうか。せっかく家まで帰ってきたのに、会社や飲んでいた居酒屋など、鍵を失くした(忘れた)であろう場所に戻るのは、正直しんどい。しかし、鍵を見つけなければ家に入れず……。なんともつらい状況だ。

3位から4位は「管理会社に連絡した」(13.5%)、「大家さんに連絡した」(9.9%)と続いている。住んでいる家によっては、管理会社などが保管するスペアキーで開けてもらうことも良い方法かもしれない。しかし、時間帯によっては、管理会社などの業務時間外となって連絡がとれない可能性もある。そんなときは、9位の「鍵110番に電話して、鍵を変えてしまった」(4.2%)などの方法になってしまうのだろう。

ちなみに、今回のアンケートでは鍵を失くしたときのエピソードも教えてもらったのだが、旅行や実家から帰るときのうっかりミスを挙げている人がちらほらと見受けられた。「旅行に行って鍵を入れたカバンを宅配便で自宅送りにしてしまった」(50歳・男性)、「実家から帰るときに宅配で送る荷物の中に鍵を入れてしまい、夫の仕事が終わるまで4時間、図書館とファミレスでしのいだ」(48歳・女性)。旅行の際は、くれぐれもご注意を。

ほかには「鍵を持たずに、ちょっとそこまで出かけている間に夫が鍵をかけて出かけてしまったことが何度かあった」(58歳・女性)や「失くしたと思ったら結局、カバンの下敷きの下に入っていて、ほっとした」(44歳・男性)といったコメントも。少しの間の外出でも、鍵を持って行くか、同居人に声をかけるなどをしたほうがよさそうだ。また、鍵がないことに気づくと焦ってしまうが、落ち着いてカバンやポケットのなかを探したほうがいいだろう。

【図1】女性よりも男性のほうが鍵を失くしやすいようだ。さらに、20代の男性だけは半数以上が困った経験者という結果になっている(SUUMOジャーナル)

【図1】女性よりも男性のほうが鍵を失くしやすいようだ。さらに、20代の男性だけは半数以上が困った経験者という結果になっている(SUUMOジャーナル)鍵を失くしたときの対策をしていない人が約7割!

さて、約3割の人が鍵を失くして困った経験があるようだが、日ごろから鍵を失くした場合に備えて、なにかしらの対策をしている人はどのくらいいるのだろうか?

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。