ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさが来た』衣装担当 登場人物のキャラを着物に反映させる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 視聴率うなぎ上りのNHK連続テレビ小説『あさが来た』。物語の面白さや、あさ(波瑠)のはつらつさはもちろん、「朝からあざやかな着物を見ると、気持ちが明るくなる」と、その衣装を絶賛する声多数。登場人物それぞれの着こなしには、こんな秘密があった。

「“両替屋”の娘・妻といいますと、超がつくほどのお金持ち。だから、テレビで見たときに“とにかく質がよく、かつ華やかに見える”ことが重要です。普通の町娘ならば、少しくらい汚れや傷があってもご愛嬌なのですが、あさやはつにそれは許されません。生地がきれいで、発色のよいものを選んでいます」

『あさが来た』の衣装担当として着物選びを一手に引き受ける澤谷良さん(東京衣裳)曰く、登場人物のキャラクターも、着物に反映されているという。

「あさは、はつらつとしたイメージだから、赤などの原色を着せることが多い一方、はつは静かな性格なので寒色やパステルが主です。新次郎は、おしゃれでボンボンな雰囲気が出るように、わざと上下違う色の着物を合わせたりすることも。玉木(宏)さんは、着物を着なれていて、所作が圧倒的に美しい。ハンサムだと、何を着ても似合ってしまいますね(笑い)」(澤谷さん)

 物語だけでなく、着物にも注目してドラマを見ると2倍楽しめることまちがいない。

撮影■杉原照夫(WEST)

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
梨園の洗礼 水色の着物姿の麻央は「ドラえもん」と嘲られた
ウッチャン妻・徳永有美さん 目立つ艶やかな薄紅色の着物姿
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP