ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士重工、第一生命、伊藤忠 2015年キラリと光った社長たち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年ほど名だたる企業の「威信」が低下した年も珍しい。業績不振で事業の切り売りに追われるシャープ、経営権を巡り“父娘ケンカ”に明け暮れた大塚家具、巨額な不正会計が明るみに出た東芝、不良エアバッグ問題で世界から批判を浴びるタカタ、そして、マンションの杜撰な杭打ち工事が発覚した旭化成建材……。

「企業が社会の公器であるならば、このまま組織を存続させる意味はどこにあるのか」――経営のリード役である社長が矢面に立たされる“謝罪会見”では、記者からこんな厳しい質問が飛び交うこともあった。

 そんな中、師走に入り「経営手腕が光った今年の社長」が各調査機関から発表されるシーズンがやってきた。

 例年、トップ10には孫正義氏(ソフトバンク)、豊田章男氏(トヨタ自動車)、柳井正氏(ファーストリテイリング)らの常連社長が名を連ねるが、度重なる企業の不祥事ばかりが目立った今年は、なかなか“新顔”が思い浮かばない。

 当サイトでも毎年12月上旬、経済誌『月刊BOSS』編集委員の関慎夫氏に「キラリと光ったベスト経営者」を挙げてもらっているため、今年は他調査よりも一足先に聞いてみた。
※以下、関氏の人選と推薦理由

●吉永泰之社長(富士重工業)

 クルマの販売台数、売上、利益ともに過去最高を記録。しかもROEなど経営指標はトヨタをはるかにしのぐ。日本のモノづくりへのこだわりを象徴する企業といえる。

●渡邉光一郎社長(第一生命保険)

 前3月期決算の保険料等収入で日本生命を逆転。これは戦後初の快挙。2010年に株式会社化した時はその効果を疑問視されたが、銀行窓販を子会社で展開するなど、他の生保よりも責任体制を明確にしたことで業績を伸ばしている。M&Aにも積極的。渡邉氏は、株式会社化と同時に社長に就任した。

●岡藤正弘社長(伊藤忠商事)

 中間決算で利益が商社トップに。他の商社と違い資源に過度に依存しなかったことが奏功した。同時に中国への6000億円投資を決断するなど、とにかく強気の経営者。この賭けに勝てば伊藤忠はダントツの商社に成長するだろう。

●田中仁社長(ジェイ・アイ・エヌ)

 過去にPCメガネなどの大ヒットを生んでいるが、今年はMEME(ミーム)という、内なる自分を知ることができるメガネを開発。メガネを目の悪い人のものと考えず、あらゆる人をユーザーと再定義したところにユニークさがある。

●三宅卓社長(日本M&Aセンター)

 中小企業のM&Aの強い味方。年間400件程度(今年のペース)のM&Aを仲介。この実績はダントツの日本一で、しかも毎年3割近く伸ばしている。3年で売り上げ、利益とも倍増。社員数は200名程度なのに、経常利益は60億円を超え、現預金は130億円もある。三宅氏は分林保弘会長と一緒にこの会社を立ち上げた創業者。2019年3月期、経常100億円も視野に入れる。

【番外編】西室泰三社長(日本郵政)

 かつて生田正治氏、西川善文氏が敗れ去った日本郵政に乗り込み、見事、3社上場に持ち込んだ。その調整力と政治力はたいしたもの。ただし、その力が東芝の人事に影響を与えたこともまた事実であり、批判を受けることもやむなしか。上場を花道に来年には退任するとみられるが、もし留任するようなことになれば、老害と言われるのは必至だろう。

 関氏が挙げたいずれの社長も、業績への貢献度に加え、新規事業への積極投資などが評価された格好だ。

 しかし、逆境をいかに跳ね返せるかも経営者にとっては大事な経営手腕。そういう意味では、世間を賑わせた不祥事企業のトップたちが来年、どんな“起死回生策”を打ち出せるかにも注目したい。

●撮影/横溝敦(吉永氏、西室氏)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大和ハウス、KDDI、ダイハツ、日立 今年キラリと光った社長
「今年キラリと光った社長」経済誌編集長が評価した4人とは
孫正義氏 100億円寄付にソフトバンク社員「うちの社長は別格」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP