ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【危機】森永のお菓子ジャックが絶望的に売れない理由7つ / 誰が観てもムカつくCM動画など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

激ウマにもかかわらず、あまりにも不人気で売れないお菓子「ジャック」(JACK)。「食べれば美味しい」「食べればハマる」としながらも、まったく売れていないのだ。絶望的に売れないため、販売元の森永が消費者に「買ってください」と助けを求め、前代未聞のプロモーションを展開。以下は、森永サイトによる公式コメントである。

・森永による公式コメント
「当社のキャラメル技術を活かした渾身の大型商品として昨年春発売した「ジャック」。私はもちろん、開発チーム全員の自信作です。ご購入いただいたお客様からは「ハマった!」「まとめ買いした」「どうしても食べたくてずっと探している」など大変うれしいお声をいただいているにもかかわらず、なぜか売れない残念な商品です(泣)。これが3度目の発売、社内では本部長(一番えらい人)に最後のチャンスと囁かれ、藁にもすがる思いです。いえ!決してあなたを藁呼ばわりしているわけではありません。絶対においしいので、一度だけでも食べてください」

・どうして売れないのか?
森永の悲痛な叫びはインターネット上で大きな話題になり、どうして売れないのか? どうして知名度がないのか? あらゆるアドバイスや意見が書き込みされる事態に発展。貴重な「売れない理由」「売れるための案」「ジャックに対するイメージ」をまとめてみた。

・ジャックに対する消費者の声
「お店で見たことないよ」
「本当にそんなに美味しかったら売れてるよね?」
「目がスルーしてたのか、今まで見た記憶が無い」
「緑色を使うなよ。わさびをイメージしちゃうだろ」
「うちの近所のコンビニでは見たことないな」
「量が少ない」
「JACK 美味しいよ!コンビニでも見つけにくいのが難点」
「アーモンドはないわ」
「名前が悪い。食いもンの名前じゃない」
「美味しいけど、飽きる。砕いてアイスにのせて食べるとかすれはいいんでない?」
「これセブンイレブンのクジでもらったの思い出したわ」
「そんなお菓子初めて聞いたわ」
「見た記憶ないな。レジに置いてもらえよ」
「店が入荷しなさすぎなんじゃないの」
「そんな美味しいなら無料配布とかしたらいいんじゃないか、コストかかるけど」
「未だにコンビニで見つからない現象」
「食べてみたら結構うまかった。これ宣伝が下手なだけじゃ」
「売ってるの見かけないんだよーー」
「もう少し柔らかかったら売れると思うわ。今のままだと売れないのは残当」
「顧客に行く前に店に買ってもらえてなさそう」
「美味そうだけど見かけない」
「俺的にはすげー美味いと思う。だが高いし量が少ない」
「がんばれジャック。俺は買わないけど」

・消費者の意見による「ジャック」が売れない理由7つ
1. 売ってない
2. 目立たないパッケージデザイン
3. 量が少ない
4. 硬すぎる
5. 名称が食品系に似合わない
6. 名称が既存の豆スナックをイメージさせる
7. 30グラム169円は高すぎる
8. 男が観ても女が観てもムカつくCM(内側から美しくシリーズ3)

・パッケージが大きな問題!?
そもそも「買いたくても買えない」というのは大きな問題であり、美味しいとか、まずいとか、それ以前の話である。「ジャック」のパッケージは棚に置くのではなく、フックにひっかけて吊るすタイプのもので、普通のお菓子と違って見つけにくいのかもしれない。

あなたも、試しに森永のジャックを食べて観てはいかがだろうか? もちろん、コンビニがちゃんと販売してて、実際に買えたらだが……。



https://youtu.be/LPlUlVrROcQ

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/01/morinaga-jack-2/

Via: ジャック

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP