ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お金と幸せな人生を引き寄せるための4つのポイント

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 お金は生きていく上で欠かせないもの。巷では節約術や投資の方法などが話題になっており、少しでも生活が楽になればと手を出したことがある人も少なくないでしょう。
 でも、一向に生活は楽にならないし、むしろ、お金に振り回されてばかり…。一体どうすれば、お金の呪縛から解放されるのでしょうか?

 引き寄せの法則について多数の著書を持つ奥平亜美衣さんは、お金すらも引き寄せることができるといいます。でも、引き寄せの法則は「お金がほしいと思えばお金が手に入る」というものではありません。では、一体どうすればお金を引き寄せることができるのか?
 奥平さんの新著『その思い込みを捨てた瞬間、何かが起こる!「お金引き寄せ」の授業』(大和出版/刊)にその答えが書いてありました。

 ここでは、本書から、お金を引き寄せ、幸せな人生を送るための4つのポイントをご紹介します。

■「自分は豊かだ」と思うようにする
 まずは、自分の心をお金を引き寄せることのできる状態へ持っていくことが大切です。
 あなたは自分が貧しいと思いますか? でも、この世界にはほんのわずかのお金で毎日を暮らしている人は多くいます。その中には「お金はないけど豊かな暮らしができている」と思っている人もいるでしょう。一方でお金がいくらあっても「まだ足りない」「もっとほしい」と思う人もいます。
 「自分は豊かだ」「自分は満たされている」と思えば、あなたは豊かです。それは資産の大小ではなく、精神的に充足されているかどうかが判断基準となります。
 お金を引き寄せるためには、自分が幸せな状態でなければいけません。そのためには、自分は貧しいという思い込みを外す必要があるのです。

■素直に「お金が欲しい!」と思う
 「お金儲けは悪」「お金を求めるのは強欲な人」といったイメージを持ってはいないでしょうか。
 ですが、本当に心から欲しいと思うものや自分が喜ぶものを求めることは、悪いことでも欲深いことでもありません。なぜなら、それは単に欲しいものを「選択」しているにすぎないからです。
 つまり、「お金が欲しい」と思うことは悪いことではありません。お金に対するネガティブな感情を捨てていき、素直に「お金が欲しい」と求めることが、お金を引き寄せる上での重要なものの一つになるのです。

■今の収入で最大限の喜びを感じるようなお金の使い方をする
 もし、「もっとお金があれば…」という言葉が口癖になってしまっていたら要注意。お金はあなたから遠ざかっていってしまうかもしれません。
 奥平さんは、今の生活の中に、あなたの身の回りに心を豊かにしてくれるものは本当にたくさんあると述べます。服、本、食器、観葉植物、朝に飲む一杯のコーヒー…そうしたものに喜びと感謝を感じられれば、豊かさを得ることができるのです。
 それはもしかしたらお金では買えないものかもしれません。朝日の輝きや夕日の美しさもあなたの心を満たしてくれるものであるはず。
 お金はポジティブで精神的に充足している人間の元へと引き寄せられていきます。そうなるためには、今のあなたのままで最大限の喜びを感じられるようになる必要があるのです。

■今の仕事は「本当にやりたいこと」なのかを自問自答する
 あなたは今、本当にしたいことを仕事にしていますか? それをチェックしてみることも大切です。具体的には、「もしも、ベーシックインカムがあったら」とイメージしてみること。つまり、「必要最低限の生活を保障されたとして、それでもなお今の仕事を続けたいと思うかどうか」を自分に問いかけてみるのです。
 そのとき、頭のなかに「ノー」が思い浮かぶなら、仕事を変えたほうがいいのかもしれません。それはあなたが今、お金のために仕事をしているから。でも「お金のために」だけでは精神的な豊かさを得ることはできません。お金を引き寄せるためには、「お金のためにしている仕事」から自分を解放してあげることが大切なのです。

 いかがでしょうか。この本を読むと、あなたのなかで「お金を引き寄せること」が「幸せになること」へどう繋がっていくのかのイメージが湧いてくることでしょう。
 奥平さんは本書に書かれていることを一つ一つ実践していくなかで、「好きなときに好きなことを好きなだけする時間とお金の余裕のある生活」を手に入れたそうです。
 2015年も残すところあと一か月。今年を振り返り、来年こそは自分を変えたいと思っている人にとっては、きっかけとなる一冊かもしれません。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
欲しいものが手に入る?「引き寄せの法則」本当の意味
「引き寄せの法則」の正しいやり方
成功を引き寄せる人が実践していること

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP