ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人間的な魅力を上げる! 目ヂカラアップの方法3つ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 ビジネスの場でも、私生活の場でも、相手の印象を決定づける顔の部位が「目」です。パッチリしていて、いわゆる「目ヂカラ」が強い人は、「この人なら仕事を任せられる」とか「こんな男性についていきたい」「こんな女性と付き合いたい」といった具合にポジティブな印象を受け取られやすいもの。
 でも、目ヂカラの作用はそれだけではないようです。
 眼科医の森岡清史さんは、日頃から目ヂカラを養っておくことで、目の酷使によって健康を損なうことであったり、ストレスによる生活リズムの変調なども対処できると考えています。
では、「目ヂカラ」をアップするにはどうすればいいのでしょうか? 日常の中で、短時間でできる対処法をご紹介しましょう。

■まぶたの疲労を取ろう
 まぶたが重たそうな状態では、目ヂカラはつきませんよね。そんなまぶたの疲労はこのようにして取りましょう。

1)40〜50℃くらいのお湯にタオルを浸し、5分ほど温める
2)そのタオルを、目を閉じたまぶたの上に3〜5分間のせる。

 まぶたを温めて血行を良くすることで、疲労物質が取り除かれやすくなります。仕事中の休憩時間にも、すぐに実践できる方法ですね。ただ、1日に何度もやりすぎるとまぶたの皮膚がふやけてくる恐れがあるので、注意しましょう。

■目の周りのクマやしわ対策には?
 続いて、こちらも悪印象を与えてしまいがちな、目の周りのクマやしわ。これを改善するためには、目の周りの血行を良くするマッサージが効果的だと森岡さん。
 まぶたの上下には骨があり、その上にはそれぞれ主要な3つのツボがあります。

・眉毛の上→内側から攅竹、魚腰、糸竹空
・頬骨の上→内側から下清明、承泣、球后

 この3つのツボを、両手の3本指(人差し指、中指、薬指)を揃えて骨の上に置いて、軽くトントンと叩きながら刺激してあげましょう。疲れたときに実践してみてください。

■スマホやパソコンでの作業に休憩時間を設けよう
 また、目を休ませることも、パッチリした目にするために必要なことです。
 特にパソコンやスマホを使って仕事をしている人は、目の疲労だけではなく、こんな悪影響も出てしまいがちになります。それは「近眼様状態」。近距離で長時間画面を見続けることになるため、近くにピントが合いやすくなってしまうのです。これが進行すると、近くも見にくくなる「老眼様状態」になります。
 せめて1時間に1回は5分程度休憩を取り、視線を話すことが重要だと森岡さんはアドバイスしています。

 『目は10秒でもっとよくなる!』(自由国民社/刊)は眼科医ならではの視点にも基づいた、10秒からはじめられる目のケアの方法について、森岡さんが解説している一冊。
 目は視覚を司る感覚器としても、外から見られる際の顔の部位としても、とても重要な部分です。だからこそしっかりとケアを行うことが大切。みなさんはしっかりとケアをできていますか? もしできていないと感じることがあれば、ぜひ実践してみてくださいね。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
スプーン一本でできる 目の疲れ改善法
“植物”と“空気”で改善 疲れた目のケアをするには
仕事中でもできる目の疲れをとる方法

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP