ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

緊張や顔のこわばりで人前で話すのが苦手な人に最適な顔ヨガ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最新刊『日めくり まいにち、顔ヨガ!』が大人気の顔ヨガ講師・間々田佳子さんが、老け顔、デカ顔など、女性のお顔のお悩みを顔ヨガで一発解決。29才契約社員の女性からのお悩みです。

【お悩み】
「女子会で幹事の順番が回ってきました。30人の前でスピーチをしなければならないのですが、あがり症で、人前で話すのが本当に苦手なんです。顔が強ばってうまく話せません。スピーチの時だけでいいから顔が強ばらない方法はありますか?」(29才・契約社員)

【間々田さんの回答】
 私が客船の乗組員だったころ、船上イベントでMCを担当していたのですが、緊張しすぎて言葉が出ず、先輩にマイクを取り上げられてしまった苦い経験があります。昔から人一倍あがり症。同じ悩みを抱えていました。

 今でも緊張する場面はありますが、トイレに行って顔ヨガを行い、顔と心を整えて臨むようにしています。まずは、顔の強ばりをとる「ヤッホー」。思いっきり顔全体を伸ばして開くイメージで行うと、血行が良くなり緊張も解けます。続いて、スピーチ前の準備体操「おいしい顔」。口角をしっかり上げておけば、緊張時でも強ばりが抑えられ口角の上がった美しい口元に。舌も動かすので滑舌もスムーズになります。顔を緩めて心を落ち着け、気持ちにゆとりをもって、いざスピーチへ!

【おいしい顔のやり方】
 上の歯だけをしっかり見せてにっこり笑う。目線は上。舌を出し、右上に舌先を尖らせる。舌が上唇に触れないように右から左にゆっくり移動。小鼻をなめるイメージで。元に戻す。3回行う。

【ヤッホーのやり方】
1:「ヤッ」で大きく目と口を開く。
2:唇を突き出し、「ホー」と叫ぶ。声が続く限り。額にしわが入らなければOK。
1:2を3~5セット行う。

撮影■浦川一憲


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「Yes, we can.」など名スピーチの陰にスピン・ドクターあり
杉村太蔵氏 「政治家のスピーチは酷い。自慢や自己PRだけ」
名スピーチのコツ 準備はしっかりと、ビル・ゲイツを参考に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP