ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

逗子三兄弟 ツアーファイナルでクリスマスの新曲を初披露、幼馴染み今井洋介への思いを語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

逗子三兄弟が、11月28日にワンマンライブツアーのファイナル公演『逗子三兄弟 5th Anniversary & Tour Final ONEMAN Live in TOKYO「三匹の子ブタ 〜伝説はここから始まった〜」』を東京キネマ倶楽部にて行った。

会場は、ファミリー(逗子三兄弟のファンの総称)が大集合。仮面を被ったメンバー登場すると会場は一気にヒートアップ。コミカルなダンスを交える曲やアッパーからバラード曲までとまさに最新アルバム「湘南ブロードウェイ」のタイトル通り、さながらブロードウェイミュージカルを思わせた。

「最高の生音を届けるぜ!ここから伝説を始めよう」と二男の大雅の宣言通り、今回は5人編成のバンドを従えたスタイルで演奏がスタート。生々しさに満ちたダイナミックなパフォーマンスは、まさにツアーファイナルに相応しいものとなった。ライブ中盤では、ファンへの感謝や今後の決意を語った後にメンバーからの1カ月早いサプライズプレゼントということで彼らにとって初のクリスマスソングとなる新曲「サンタクロースの正体は…」が披露された。

アンコールでは、メンバー個々が楽器を持ち(優己:エレキギター、大雅:ドラム、翔馬:アコースティックギター)バンドスタイルの演奏を初披露。本職さながらの演奏と、若手パンクバンドばりの熱い演奏で場内の盛り上がりは最高潮に達した。

そして、最後の曲を歌う前に、ライブスタート数時間前に早すぎる逝去が公表された今井洋介への思いが大雅より語られた。今井と大雅は小学校からの同級生であり、地元湘南出身者で固められたバックバンドのメンバーも含め、子供の頃から一緒に音楽を志した仲間であった。今井のデビュー作「もう一度、手をつなごう」(2014年3月12日発売)は逗子三兄弟の全面サポートによって制作されている。「あいつの夢も乗っけてもっと頑張りたい」とのMCの後、万感の思いを込めたアカペラではじまる「Life is beautiful」が披露されライブは終了した。なお、今回初披露された新曲「サンタクロースの正体は…」は、12月2日より配信限定でリリースすることが決定した。

〈メンバーコメント〉
初のフルバンドでの生音LIVE!逗子三兄弟の楽曲がより深く、より鮮明に、音で繋がった家族に届いた実感のある、最高の夜になりました。自分たち自身も、そしてきっと来てくれてたみなさんも逗子三兄弟の音楽のさらなる可能性を感じてくれてたと確信できました。これからも自分たちの理想の音を目指して、家族と一緒に夢に向かって一歩ずつ歩んでいきたいと思います。僕ら兄弟にとっては一年に一度のクリスマスが本当に幸せで待ち遠しい1日でした。新曲「サンタクロースの正体は…」を聞いて、クリスマスが良い日だった人はきっと家族の事を思い出してもらえるだろうし、そうでなかった人にとっても、これからの家族と素敵な1日にしてもらいたい、そんな願いも込めて家族の優しさ・温かさを感じられる楽曲を作りました。

(Photo:Mishimagick)

セットリスト
M1.三匹の子ブタ
M2.帰ってきたサマーウルフ
M3.99.9%片想い
M4.ディスコ☆デラックス
M5.情熱の太陽
M6.愛なんですか?情ですか?
M7.リグレット
M8.リトルムービー
M9.マイベイビー
M10.ぶっとびマン・フィーバー
M11.湘南ラブストーリー
M12.シーサイドウエディング
M13.愛言葉
M14.渚のデビル
M15.サマーウルフ
M16.MAGIC in SUMMER
M17.サンタクロースの正体は…
M18.純白の花嫁
M19.父へ
M20.家族レター
M21.GOOD LIFE!
EN-1.HERO
EN-2.Life is beautiful

リリース情報
「サンタクロースの正体は…」
12月2日(水)AM0時よりレコチョク、mu-mo、iTunes他、主要配信サイトにて配信スタート
※配信開始時間は、サイトにより異なります。各サイトにてご確認ください。

関連リンク

逗子三兄弟 オフィシャルサイトhttp://zushi3.net/
逗子三兄弟 オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/zusi3
逗子三兄弟 オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/zushi3
逗子三兄弟 レーベルサイトhttp://www.tkma.co.jp/jpop_top/zusi3.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。