ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gacharic Spin、ツアーファイナルで約3時間の熱いライブを展開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Gacharic Spinが11月29日、1stアルバム『MUSIC BATTLER』をひっさげたライブツアーファイナルをZepp Tokyoにて行なった。

この日のチケットはSOLD OUT。17:00の開演と同時に、GS Gacha2015〜のメロディと会場の“GSコール”にてメンバーが登場! リーダーであるFチョッパーKOGAの「ツアーファイナルのZeppTokyo、元気出していくぞー!!」の掛け声と共に、一曲目の「MUSIC BATTLER」よりライブがスタート。

「爆弾娘(ボンバーガール)」では炎と共に拳が上がり、ねんねのけん玉パフォーマンスが成功すると歓声があがった。「ガッチャマン、ガチャピン子6周年記念ワンマンライブに来てくれてありがとう! いま持っている“喜怒哀楽”を全部ぶつけて下さい!」とKOGAが挨拶をすると、Gt、Bass、Keyの楽器一回転が印象的な「ハンティングサマー」とアニメ『ドラゴンボール改』のEDテーマとなっていた「Don’t Let Me Down」で盛り上げる。ガチャダン、まいとねんねによるグッズ紹介が行なわれるとそのまま「溶けないCANDY」でポップなパフォーマンスを披露。ワンマンライブ恒例になっている寸劇(?)とオレオレオナの恋愛トークコーナーを交え、ロック・ポップなパフォーマンスとは打って変わり、「雪泣く〜setsunaku〜メロディー」「有言実行」で、はな、オレオのハーモニーとアコースティック編成で会場を包み込むと、はながギターに持ち替え「僕だけのシンデレラ」でファンを再度盛り上げる。その後TOMO-ZOがヴォーカルを務める「ファイナルなファンタジー」で会場を沸かせるとこちらもワンマン恒例のTOMO-ZOによるメンバー紹介。かなり毒と少しの愛が混ざったメンバー紹介に会場からは終始笑いが絶えなかった。

後半戦へ進むと、「赤裸ライアー」「常識デストロイヤー」「ダンガンビート」と疾走感のあるハードロックナンバーで会場をさらに熱気の渦に巻き込んでいく。会場を埋め尽くした満員御礼のオーディエンスがランナーと化す「WINNER」でメンバーと会場とが一体になると「ありがとうございました! Gacharic Spinでした!」と言葉を残しステージを後にした。

その後、会場からの大歓声に応え改めて姿を現したメンバー達。そのMCにてKOGAがツアーファイナルを迎え、これまでを振り返り「遠回りの六年間だったけど、スタッフ、メンバー、ファンのみんなに支えられて、ここまで頑張って来られました。本当にありがとうござました!」と声を詰まらせながらメンバー一人一人に感謝の言葉を贈った。そして、“来年2016年4月からワンマンツアーの開催決定”、という発表を行なって会場からは驚きの声があがった。4月の北海道を皮切りに、5月28日のEXシアター六本木がファイナルというツアーとなる。アンコールでは「またね」「Ben-Jan-Dan」を演奏しライブ終演かと思いきや、二度目のアンコールを行ない、「Lock On!」を演奏。会場のファンから惜しみない拍手と歓声を受けつつ半年に及ぶワンマンツアーは終演をむかえた。

Photo by 織車寿一

【セットリスト】
GS Gacha2015〜
1.MUSIC BATTLER
2.デジタルフィクション
3.爆弾娘(ボンバーガール)
4.ハンティングサマー
5.Don’t Let Me Down
6.Identity
7.溶けないCANDY
8.ガンバンバダンサー
9.雪泣く〜setsunaku〜メロディー
10.夢言実行
11.僕だけのシンデレラ
12.オトナ少女
13.今を生きてる
14.ノスタルジックブルー
15.夢喰いザメ
〜DRUM SOLO〜
16.TAMASHII
17.ファイナルなファンタジー
18.赤裸ライアー
19.常識デストロイヤー
20.ダンガンビート
21.WINNER
〜アンコール1〜
En1.またね
En2. Ben-Jan-Dan
〜アンコール2〜
En3. Lock On!!
〜GS Gacha2015

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。