ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【モーニングコーヒーが欠かせないあなたに】好みを学習するスマートコーヒーメーカーが便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「コーヒーを飲まないと、朝が始まらない」そんなコーヒー好きには、「Auroma One」がおすすめだ。

・ユーザーの好みを学習するスマートコーヒーメーカー

Wi-Fi接続機能を保有したスマートコーヒーメーカーで、専用アプリから細かくパラメーターを設定したり、ユーザーの好みを学習するなど、便利な機能が満載。

自宅で専用バリスタがコーヒーを淹れてくれるような、まさにあなた好みの1杯がつくれるコーヒーメーカーである。

このコーヒーメーカーは、水を溜める“貯水槽”、“抽出チャンバー”のほか、オプションで追加設置ができる、取り外し可能な“豆挽き器”などのパーツで構成され、内部には、Wi-Fi接続機能、温度センサー、溶解物センサー、計量器が搭載されている。

シンプルかつスタイリッシュな印象の見た目だ。

・専用アプリから詳細な設定が可能

専用のモバイルアプリは現状ではiOSのみで動作するが、Androidへの対応も進行中だという。アプリから、コーヒーの醸造時間、水温、コーヒーと水の割合、溶存固形分の総量、豆挽きのサイズといった、さまざまな詳細項目を設定したり、コントロールをすることができる。

好みのパラメーターががわからない、なんて場合にも、異なる種類の3タイプのコーヒーショットや、設定の違う3テイストのサンプルを試せるので、好みの味のフォーマットを見つける手助けとなりそうだ。

コーヒーの強さ、苦味、カフェインの量、口当たりなど、味わいの異なるコーヒーを楽しんだり、自分好みの1杯をきっと見つけられるだろう。

・おすすめの豆をリコメンドする機能も

もし、味わいが気に入らなかったとしても、アプリを通じて改善点を入力すると、次回以降にそのデータが反映され、よりユーザーの好みに近づけていく。いわば“味の好みを学習する”というわけだ。

ユーザーの好みに応じてリコメンドもしてくれるので、新しいお気に入りの豆を見つける楽しさもある。

「Auroma One」は、現在クラウドファンディングKickstarterで、2016年1月10日まで出資を受付中だ。

Auroma One

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP