体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハワイ島の観光スポット・観光地TOP15と旅行ブログ8選

Photo credit: Aya ♡「〜ハワイ島 レンタカー&トレッキングの旅〜」

Photo credit: Aya ♡「〜ハワイ島 レンタカー&トレッキングの旅〜

アロハ! TRiPORTライターのAicuです。
今回は私が最も大好きな場所、ハワイ島のオススメ観光スポットをご紹介します。ハワイ島はホットスポットというマグマの火山活動が起こる場所の上に存在しているため、島自体が5つの火山で構成されています。
今でも活発に活動を続ける女神ペレで有名なキラウエア火山をはじめ、島を囲む真っ青な海には、多種多様な海洋生物が観察できるなど地球の鼓動をあちらこちらで感じられる島です。
自然の力が強いため、スピリチュアルなことに精通しているヒーラーさんも多く存在しています。島が大きく、移動に時間がかかりますので余裕を持った旅行プランを立てることを強くオススメします。

ハワイ島

Photo credit: author [Public domain], via Wikimedia Commons

Photo credit: author [Public domain], via Wikimedia Commons

人口・面積

ハワイ島の人口は約19万人で今ではハワイ島に移り住む人が多く、毎年約1%の割合で人口が増えています。 面積は10,432.5 km²、これは東京都と比べると約5倍ほどの大きさがあります。
ハワイ諸島の中では一番大きな島で、英名はビッグアイランド。島一周が約221マイル(約356km)あり、東京の中心から名古屋の中心まで行けてしまう程の距離なので、ノンストップで車で走り続けても最低約6時間はかかります。

気候

世界にある13の気候帯のうち、サハラ気候・北極気候を除く11が、このハワイ島の中にギュっと詰まって存在しています。この島の中だけで、こんなにたくさんの気候が存在するなんてまさに神秘の島です。

世界一の山

海洋底の基部から測った山でいうと、世界で一番高い山はマウナ・ケアで、その高さはなんと10,203m。標高4,205mなので、残りの約6,000mは海の中ということ。海の中の景色も気になりますね。

歴史

紀元前500~700年頃、ハワイ島にポリネシア人が渡ってきて、さらに12世紀頃にはパアオという高僧により、厳格なカプ(タブー)制度や人間を生贄としてささげる宗教儀式がタヒチから持ち込まれました。
1778年、西洋人として初めてハワイに上陸した英国人ジェームズ・クック、通称キャプテン・クックがケアラケクア湾に最初に入港した際には、王やハワイから大歓迎を受け友好関係を築きます。
しかし、食料や水を分け合うことから関係が崩れ始め、翌79年にキャプテン・クック一同は帰国のため一度海へ旅立ちます。帰路の途中ひどいストームに襲われ、助けを求めて一旦島へと引き返しましたが、その際には歓迎されることはなく、最終的には殺害されるという悲劇が起きてしまいます。これをきっかけに、以後ハワイと西洋の交流が始まりました。

ハワイ島の魅力スポット・観光地TOP15

1. キラウエア火山国立公園/Hawaii Volcanoes National Park

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。