ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~ライバルに差をつけることができる一言~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

好きな男性とふたりきりになりたい。そう思っていても中々そのシチュエーションは実現しないものです。しかしライバルに差をつけたいのなら、積極的になることも重要です。

そこで、ライバルに差をつけることができるフレーズ『やっとゆっくり話せますね』を紹介したいと思います。

お酒の席で言うのがベター

飲み会や合コンなどで気になる男性と出会った場合、「ふたりきりで話したい」と誰もが思うことでしょう。

そんな時は彼の近くの席に行って、この『やっとゆっくり話せますね』というフレーズを言ってみて下さい。

いつもなら言うことに戸惑ってしまうこのフレーズも、飲み会や合コンといった席なら、お酒の力を借りてすんなり言えるでしょう。

例え相手が引いてしまっても、「酔っていたから」とお酒を理由に自分からのアプローチを“無かったこと”にすることができる便利な一言なのです。

「やっと」という言葉が胸キュンにつながる

『やっとゆっくり話せますね』というフレーズで重要なのが「やっと」という言葉。「ずっと前からアナタの事が気になっていた」、「アナタと話すことを心待ちにしていた」……。

そんな一途な思いを伝えるフレーズでもあるのです。この『やっとゆっくり話せますね』というフレーズを聞いた瞬間、彼がアナタのことを「脈アリ」だと判断するのはもはや必然。

話をしている最中は満面の笑顔で。時折ボディタッチなどを織り交ぜると、より一層アナタの思いが伝わり、彼はドキドキしてくれるでしょう。

話す時は聞き役に徹すること

念願の彼との会話が実現。アナタのテンションはMAXでしょう。しかし注意して欲しいのが、しゃべりすぎないこと。ましてや会社や知人の愚痴はもっての他です。

彼の前でマシンガントークを展開してしまうと「この子は、ただ話を聞いて欲しかったんだな」と思われてしまい、せっかくのアプローチが無駄になってしまいます。

お酒の席なので、誰もが口数が多くなってしまいがちですが、そこは我慢して彼の話に耳を傾けましょう。

男性は母性本能に弱い生き物。アナタのことを、くだらない話でも聞いてくれる“懐の深い女性”だと思い、アナタに対し好印象を抱いてくれます。

飲み会や合コンは、飲み過ぎて余計なことを言ってしまうというリスキーなシチュエーションです。

しかし、アルコールの量を計算すれば、彼に近づくタイミングも、会話の受け答えも上手くいくはずです。またこのフレーズは彼の耳元で言うと効果が倍増するので、ぜひ試してみてください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP