ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

予算は40万!少し冒険気分を海外で味わいたい方の旅先7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「定番の海外旅行先をまるごと網羅したい」「ちょっとお値段が張っても良いから普段は行けないところに行ってみたい」というような方は、40万円程度の予算があればその夢を存分に叶えることが出来るでしょう。

 

40万円の出費となるとちょっと勇気のいるお買い物になりますが、世界遺産級の観光地周遊や、お金を出さないと見られない絶景など魅力あふれるプランがたくさんあり、出費も惜しくないと考えられるはずです。

今回は、日本から40万円程度で行くことが出来る世界の観光地を、7つ厳選してご紹介いたします。なお、価格帯に関してはハイシーズンではない相場として考えて選定いたしました。ご了承ください。

 

オーロラの街 トロムソ(ノルウェー)

Photo by Claudia Regina

オーロラ好きなら一度は聞いたことがあるであろうノルウェーの小さな街、トロムソ。こちらはオーロラ鑑賞のメッカとして世界中から観光客が訪れる場所となっています。

オーロラが見られるか否かは運によるところも大きいですが、間近で見るオーロラは人生観すら変えてくれるような迫力と美しさに溢れているはず。

 

40万円程度の予算があれば、世界遺産に登録されている広大なフィヨルドを巡ることもでき、二重の感動を味わうことが出来ます。

 

天空都市 マチュピチュ遺跡とナスカの地上絵(ペルー)

Photo by Bruce Tuten

地球のほぼ裏側に位置するペルーまで、飛行機を乗り継いで行ってみましょう。

山の上にあるマチュピチュ遺跡は山道を登らないと見ることが出来ませんが、実際に登ってみることで天空都市と呼ばれる所以も分かるというもの。

 

別の日には、遊覧飛行で空の上からかの有名なナスカの地上絵も見てみましょう。40万円程度の予算があればウユニ塩湖にも行くことが出来ますので、1度の旅行でペルーを心行くまで満喫することが出来ます。

 

地球のヘソ ケアンズ・シドニー(オーストラリア)

Photo by  pixta.jp

大自然の広がるオーストラリアを代表する観光地、エアーズロックにも、40万円程度の予算があれば余裕を持って行くことが出来ます。

天候等の条件で登ることが出来ないこともあるウルル(エアーズロックの現地呼び)登頂にも、2日間程度のチャンスがあるのでほぼ確実に登ることが出来ます。

 

エアーズロックのあるケアンズだけでなく、シドニーでオペラハウスを遊覧船から眺めたり、グレートバリアリーフで自然を満喫することも出来ます。

 

ニューヨーク・グランドキャニオン・モニュメントバレー(アメリカ)

Photo by aurélien.

ニューヨーク、グランドキャニオン、モニュメントバレー、そしてラスベガスと、40万円程度の予算があればアメリカの西海岸も東海岸も楽しむことが出来ます。

 

グランドキャニオンやモニュメントバレーは、そのスケールの大きさに思わず感嘆してしまうことでしょう。ニューヨークやラスベガスでは、有名どころの観光地を余すところなく見て回ることが出来ます。

西海岸と東海岸で、自然も人の息吹もまるごと満喫したい方にオススメです。

 

極上のリゾート モルディブ

Photo by Mac Qin

アジアを代表するリゾート地、モルディブでも、40万円の予算があればちょっとしたセレブな雰囲気を味わいながら過ごすことが出来ます。

モルディブは基本的に1つの島に1つのリゾートという構成を取っており、アジアでありながらヨーロッパのリゾートのノウハウであなたをもてなしてくれます。

 

40万円程度の予算があればプライベートプール付きの100平米クラスのお部屋で過ごすことが出来ますので、ハネムーンにもおすすめです。

 

イースター島(チリ)

Photo by Arian Zwegers

モアイでお馴染みのイースター島にも、40万円程度の予算があれば行くことが可能です。飛行機を乗り継いでたどり着くイースター島には、テレビや雑誌でおなじみのモアイ像が目の前にそびえています。

モアイ像は造立された目的が未だに分かっておらず、またその造立が環境破壊の要因となって島民が絶滅してしまったという悲しい歴史も抱えています。

 

ビクトリアフォール(ジンバブエ)

Photo by fvfavo

世界的にも有名なビクトリアフォール。40万円程度の予算は、この神秘の場所にもいざなってくれます。巨大なこの滝はジンバブエ側、ザンビア側で全くその表情を変えて私たちを楽しませてくれます。

大自然の中で、運が良ければアフリカゾウやライオン、キリンなどと出会うことも出来るかもしれません。

 

まとめ

40万円というと、やはりなかなかポンと出せる金額ではなくなってきます。1ヶ月2万円ずつ貯金しても2年近くかかってしまいますから、特に学生さんのような身分ではなかなか辛いものがあるのではないでしょうか。

しかし、そんな苦労を忘れさせてくれるほどに、40万円で行ける場所は確かな感動と思い出を私たちに届けてくれるはずです。お金を貯めて時間を作れば、あとはちょっとの勇気だけで、未体験の感動の扉が待ってくれていますよ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP