ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、Android TVを搭載した4K出力対応のSmart TV Box向け接続デバイスを12月より提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 11 月 30 日、ケーブルテレビ向けの Android STB「Smart TV Box」に繋げるだけで、4K 映像の視聴が可能になる外付け製品「パワーアップユニット」を発表しました。この製品は 12 月 1 日より大分ケーブルテレコムに提供され、他のケーブルテレビ事業者にも展開される予定です。パワアップユニットは Android 5.1.1 ベースの Android TV を搭載した Smart TV BOX 用の接続機器で、4K 出力に対応しており、Smart TV Box と 4K テレビに接続すると、「ビデオパス」やケーブルテレビ事業者が提供する 4K 動画を視聴できるようになります。また、Android TV を介して YouTube や Hulu などの動画サービスも利用できます。パワーアップユニットには Android TV が搭載されているので、Nexus Player をはじめとした Android TV 製品のような使い方が可能になります。パワーアップユニットの筐体サイズは 150 x 150 x 32mm、質量 360g。インタフェース類は、HDMI (入力 x 1、出力 x 1)、10 / 100 Base-T イーサネット x 1、USB2.0 x 1。Source : KDDI

■関連記事
phocase、「arrows Fit」と「AQUOS compact」用のデザインケース1,000種類以上を発売
KDDI、スマートフォンと繋がるIoTインテリア雑貨を12月1日にau Wallet Marketで発売
エレス、アロマディフューザーとBluetoothスピーカーを組み合わせたスマートランプの新製品「Smart Aroma Diffuser Lamp Speaker」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP