ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「無性に○○が食べたい!」で分かる、身体に足りない栄養素

DATE:
  • ガジェット通信を≫

時々、空腹でもないのに無性に甘い物やしょっぱい物が食べたくなることがあります。その原因は、体内で足りていない栄養素があるから。そのため、不足している栄養素を補おうと脳が特定の食べ物を欲しているのです。
しかし、脳が欲している食べ物と不足している栄養素は必ずしも一致しているとは限りません。とくに、無性に何かを食べたいときは、脳が誤作動を起こしていることがあります。
そこで、本当に必要な不足栄養素をしっかりと理解すれば、それを摂取して脳の誤作動をストップすることができるんです。

1. 甘いスイーツが食べたい

甘い物を欲するときは、緊張していたり気が張っているとき。味覚で甘さを感じて、心身を緩めてリラックスしようとしているんです。
ただ、理由もなくただ無性に甘い物がたべたくなるときは、ミネラルが不足しているのかもしれません。そんなときには、ミネラルを多く含む牛乳やチーズ、小魚などをおやつ代わりに食べるのがおすすめです。

2. しょっぱいポテトチップスが食べたい

ポテトチップスなどのしょっぱいものが食べたくなるときは、ナトリウムが不足しています。ナトリウムは血圧を調整するのに作用し、体内の水分バランスをキープする成分です。
しかし、ポテトチップスをたくさん食べると、脂質の摂りすぎになってしまいます。そこで、おつまみにアンチョビやオリーブを食べるのが◎。必要なナトリウムだけを気軽に摂ることができます。

3. ご飯やパンなどの炭水化物が食べたい

炭水化物が大好きな人は、もしかしたらトリプトファンが足りないからかもしれません。トリプトファンは幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」を作り出す材料です。
卵やバナナ、クルミに多く含まれるので、朝食に取りいれるとぴったりです。

4. お肉が食べたい

お肉が食べたいときは、鉄分が不足しています。鉄分が不足すると疲れやすく、女性は貧血にもなりやすいので、ぜひとも充分に摂りたいところ。
しかし、お肉だけだと栄養が偏ってしまうので、付け合わせにほうれん草のソテーやパセリ、豆のサラダなどをつけて、同時に摂取するのがおすすめです。
脂質過多にならないようバランスよく食べることが大切
体調を崩してしまいがちな冬は、本当に身体に必要な栄養をしっかりと摂って、元気に乗り切っていきたいものです。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
ごめんね、素直じゃなくて。仲直りのきっかけをつくる魔法の香り
ワセリン+精油のオリジナル練り香水が自分をアゲる! #オネエ調べ
私たちがSNSをやめたら気づけた5つのこと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP