体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家の“どこに”失くし物があるのかマップ表示!便利なトラッカーに注目集まる

TrackRatlas2

鍵やスマートフォン、財布など、置き忘れが多いあなたには、「TrackR atlas」のようなオブジェクト追跡ツールが役立ってくれそうだ。

・家庭のコンセントに差し込んで使う

「TrackR atlas」の本体は、普通の家庭用のコンセントに差し込んで使い、家庭やオフィスのワイヤレスネットワークに接続して動作する。現状ではアメリカ、イギリス、オーストラリア、ヨーロッパのコンセントに対応しているという。

TrackRatlas

ユニットにはBluetooth 4.0が内蔵されており、トラッカータグがつけられたアイテムを常にモニター。有効範囲内に対象物があるのかを検知し、専用のモバイルアプリ(iOS、Android対応)にレポートを送信してお知らせする。

・有効範囲内にあるオブジェクトをモニター

ユーザーはアプリを通じて、各「TrackR atlas」に名前をつけることができるので情報管理がしやすい。

タグがつけられたオブジェクトが、「TrackR atlas」の範囲内に入ってくるとそれを察知。対象オブジェクトをモニターする。

・家のどこにあるのか、マップに表示

TrackRatlas3

ユーザーは鍵やペットの場所など、Wi-Fiネットワークを通じて、探し物の場所をすぐに把握できるというわけ。家のどこに対象物があるのか、マップで表示してくれるので一目瞭然だ。

・他のBluetoothトラッカーにも対応

音声での指令ができるのも便利。ちなみに「TrackR」のシリーズには、「TrackR bravo」「TrackR button」などがあるが、今回の「TrackR atlas」では、既存の「TrackR」シリーズだけでなく、「Tile」「PebbleBee」「StickNFind」など、他のメジャーなBluetoothトラッカーにも対応できる点が大きなメリット。

TrackRatlas4

また、「TrackR atlas」はGPSクラウドネットワークを基盤にしており、荷物や自転車など、家の外で失くし物を探す際にも役立ってくれそうだ。

現在、クラウドファンディングIndiegogoで出資を募集中の「TrackR atlas」。募集金額5万ドルに対し、すでに3.5倍以上の投資資金を集める人気ぶりである。

TrackR atlas

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。