体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

休憩スポット→観光スポットに!観覧車・温泉・ホテルまで存在する面白サービスエリア

sunset-687701_1280

photo by pixabay.com
高速道路網が発達した今、高速道路を車で旅する人も多いことでしょう。

 

しかし、普段はあまり意識しませんが日本には全国各地にユニークなサービスエリアやパーキングエリア、ハイウェイオアシスが存在します。単なる休憩場所ではない、「そこに行きたい!」と思わせてくれるスポットをご紹介します。

 

刈谷ハイウェイオアシス

まず、ご紹介したいのが愛知県刈谷市にあるパーキングエリア「刈谷ハイウェイオアシス」。ドライブ好きの方なら、聞いたこともあるかもしれません。ここの特徴は大きく3つ。

 

・1つめが高さ60mの巨大観覧車。夜には7色のイルミネーションが点灯する刈谷ハイウェイオアシスのランドマークです。

・2つめがデラックストイレ。約1億2千万円をかけた豪華なトイレで、女性用にはソファーセットもあり、マスコミなどでも取り上げられるほど。

・3つめがセントラルプラザ。数多くの飲食店や産直市場などが立ち並ぶショッピングモールです。

 

他にも、天然温泉や公園、噴水などなど、さながらテーマパークのような雰囲気。ここを目的に訪れる人も多いそうで、実際、東京ディズニーランドに次ぐUSJと2位を争ったこともあるほどの人気スポットです。

 

サービスエリア名:刈谷ハイウェイオアシス
所在:愛知県刈谷市
公式サイト:http://www.kariya-oasis.com/

 

諏訪湖SA

sunset-687701_1280

photo by pixabay.com

サービスエリア(SA)の真の実力は、長距離ドライバーに愛されるかどうかで決まると言っても過言ではありません。

2012年4月20日にリニューアルオープンして、TBS系「マツコの知らない世界」でも紹介されたここ、中央自動車道の諏訪湖SAは美しい諏訪湖の眺めと天然温泉が人気です。

 

上諏訪温泉から引いている天然温泉に浸かり、諏訪湖の景色を眺めながら、ドライブの疲れを癒やすことができちゃいます。また、下りにはSA内にホテルがあり一々高速を降りなくても宿泊することが可能です。

また、敷地内にはとても広いドッグランや展望ウッドデッキテラス(スターバックス隣)なども人気です。「諏訪湖祭湖上花火大会」や「全国新作花火競技大会」といった花火大会は混雑するため入場規制されるほどです。

 

サービスエリア名:諏訪湖SA(上り・下り)
所在:長野県岡谷市
公式サイト:http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=119

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy