ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一輪の花が“ガラスの花束”に!万華鏡じかけのフラワーポットが美しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年のミラノデザインウィークで紹介され、その可憐さが話題を呼んだ「OP-vase(オーピー・ベース)」

この美しい花瓶は、ロンドンとイスタンブールを拠点に活動する女性デザイナー、Bilge Nur Saltik氏による作品。

一輪の花を、万華鏡のように多面ガラスに映し出すことによって、外からはブーケ(花束)のように見えるようデザインされている。

ガラスはイスタンブールにて1ピースごと丁寧にカットし、ハンドメイドで仕上げている。

光のドームに守られた切り花はさらに可憐さを増し、眺めるたびにやさしい気持ちになれそう。

「オーピー・ベース」は3サイズ、2カラー(ターコイズ、ウォーターグリーン)展開。

MONOLOGUE LONDONにて、360~425英ポンド(日本円で約4万4000円~5万2000円)で購入が可能だ。

アーティスティックで繊細な“ガラスのブーケ”は、ウェディングギフトにもおすすめ。

OP-vase
http://www.monologuelondon.com/accessories?tag=OP-Vase

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP