体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

親から借りたお金は返さなければならないでしょうか?

親から借りたお金は返さなければならないでしょうか?

Q.

 親にお金を借りていました。いまだ返済できずにいたところ、親が怪我で入院になりました。入院している間に弟が親の住居の片付けを行い、借用書をみつけてしまいました。そして、弟より返済をせまられています。弟に返済しなければいけないのでしょうか?親は存命でぼけてはいません。ちなみに、弟は親に話さずに私に対する取り立てを独断で行っています。

(50代:女性)

A.

 親子のような家族間であっても、お金の貸し借りをすれば法律上の契約となります。契約の形態としては、金銭の貸し借りの場合、消費貸借契約となります(民法587条)。
 消費貸借契約が成立するためには、お金の貸し借りについて当事者が合意すること(具体的には、借主が将来の返済を約束すること)と、実際に貸すお金が交付されることが必要になります。

 借用書などの書面は必須の要件ではなく、口頭でも(金銭さえ交付すれば)契約が成立します。また、利息の定めや返済の時期や方法なども必須の要件ではありません。いわゆる「あるとき払い」でも消費貸借契約が成立します。

 ご相談内容からは借用書の詳細な内容はわかりませんが、親子間での借用書のため、おそらくは返済方法などの詳細が定められていないと思われます(以下ではその前提でご回答さし上げます)。
 こうした場合、相手方(今回は親御様)からの催告(支払えとの要求)があった時に支払い義務が発生することになります(民法412条3項参照)。

 しかし、相当以前の契約ということであれば、債権の消滅時効が成立する可能性があります。消費貸借契約における消滅時効の期間は10年とされています(民法167条1項参照)。そして、「あるとき払い」の場合、裁判例では契約成立時点から時効の期間が進行するとされます(参照:大判昭和5年6月4日)。

 ただ、支払いの猶予を求めたり、債務の一部を支払っていたりすると、10年の期間が(そうした行為を行った時点で)振り出しに戻る、「時効の中断」という制度があります(民法147条149〜156条など参照)。
 これまでを振り返って、中断事由がないかを振り返ってみる必要はあります。時効が成立しているようであれば、そもそも支払う必要がなくなります。

1 2次のページ
法、納得!どっとこむの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会