ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

O型男子の恋愛傾向8つ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
151129_o-type-man-love

恋は試験勉強に似ている部分があります。出題される問題の傾向をつかんで対策を練りますよね。仕事だって一緒です。

アプローチするには、相手の性格や恋愛傾向をつかんでからしたいもの。ここでは、O型男子の恋愛傾向をご紹介します。

1.よくもわるくも正直者!
ストレートで一途

大らかで、小さなことにはこだわらないO型男子は、よくも悪くも正直者。そのため、ヘタな駆け引きよりも自分の気持ちをストレートに口にする人が多いようです。

恋愛でも、出会った女性に徐々に惹かれていくというよりは、直感で一目惚れしてぐいぐい押すタイプ。気になる男子がO型ならば、彼と会う時の印象を大切にして。ファッションだけでなく、言動など内面から出る人間性で自分を印象づけるとなお効果的です。

2.釣った魚に餌はやらない!?
誤解されやすいかも…

気になる彼女を振り向かせようとあの手この手で気を引こうと頑張ったのに、いざお付き合いをはじめると今までの情熱はなんだったのかしら?と驚きを隠せない、「釣った魚に餌をやらない」タイプの男性っていますよね。

O型男子には、こうした傾向がよく見られるようです。が、そんなときに「愛情が冷めてしまったのかしら」と誤解するべからず。好きな人に振り向いてもらえたというだけで安心しきってしまう性なのです。恋愛はここからが楽しいのよ!とあなたがリードするつもりで接すれば、自ずとノッてきてくれますよ。

3.負けず嫌いで一直線!
目標を定めてから本領発揮

O型男子の恋には、”負けず嫌い”な要素が影響することも。

人に「やめておけ」と諭されれば一層頑固になり、気になる女性に彼氏がいると知ったら俄然燃えてしまう…。どんな苦難も乗り越えていく姿勢にホロリとくる女性も。

O型男子をゲットしたいときは、自分をミステリアスに演出して、彼の中にたぎるハンターの血を煽る作戦に出てみては?

4.ついていきたくなる!
親分肌で豪快な力強さに女子は惚れる?

学生時代、クラスに1人はいたであろう学級委員気質な彼。勉強や運動で注目されるというよりも、クラスメイトからの人望でその座に落ち着いていたならば、彼はO型だったのかも知れません。

面倒見がよく正義感の強いO型は、グループの中では自然とリーダー格になってしまう存在。そんな彼に私のことだけ見て欲しい!と思っている女性は少なくないかも知れません。引く手あまたなO型男子には、しっかり自分をアピールしては?

5.マイペースな性格に困惑…
女子を振り回してしまう傾向が

O型といえば、多くの人が「おおらか」というイメージを持ちますが、裏を返せば「小さなことにくよくよしない」など、魅力的な性格といえます。が、マイペースさに疲れてしまったという人もいますよね。

そんな彼と上手にお付き合いするコツは、「自分をしっかり持つ」こと。仕事、趣味、習い事など、なんでもいいので打ち込めるものがあると、よい距離感を保つことができます。

6.寂しがり屋で頼られたがり?
積極的にスキンシップを

大らかで親分肌のO型は、その人望の厚さから常に周りに人が集まってきやすいタイプ。らしい光景ですが、実はこれって寂しがり屋であることの裏返しでもあります。

マイペースで自分好きと思われがちですが、本当は誰かに頼られたい、一人ぼっちでいたくないという思いから、ついつい周りの人のお世話を焼きたくなってしまう一面も。もしも、彼がひとりぼっちでいたら、些細なことでもいいので積極的に話しかけてみてください。

7.ふたりきりよりグループデート!
賑やかな雰囲気が好き

グループの中でリーダーシップをとることが多いO型男子は、みんなでワイワイ集まるのが大好き。デートでも、大勢で遊ぶことを好む人が多いようです。

ムッとしてしまうことがあるかも知れませんが、彼の親分肌気質を理解してあげてくださいね。どうしてもという時は「ふたりきりになりたい」とストレートに伝えましょう。

8.決してケチなわけではないんです!O型男子は現実思考

大らかでマイペースと聞くと、浪費癖があったりものすごいロマンチストなのかしら?と思いがちですが、現実的なところも多いようです。

「ケチ」と勘違いせず、相手の生活力の高さを評価しましょう。恋愛のうちは金銭感覚など気にならないかも知れませんが、結婚を意識したときにこれほど心強い人はいませんよ。

関連記事リンク(外部サイト)

O型女性の8つの恋愛傾向
O型女性に共通する12の性格と特徴
キスしたいと女性が思う「9の瞬間」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。