ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の魔物メジャー2ndシングル収録曲に曽我部恵一、山内マリコ、ソウルセットBIKKE参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月29日(日)に新宿FACEにて『夏の魔物 後夜祭~ROAD TO 10th ANNIVERSARYシリーズ~』が開催され、会場にて1月20日にポニーキャニオンから発売される新曲『東京妄想フォーエバーヤング』の参加陣が発表された。

このイベントは、9月に青森県で開催され大盛況のうちに幕を閉じたロックフェスティバル『AOMORI ROCK FESTIVAL~夏の魔物~』のアフターイベント。

主催者である成田大致率いるエンターテイメントグループ「夏の魔物」「ブラックDPG」に加え、 BiSH、ベッド・イン、NATURE DANGER GANGが出演し、チケットは早々にソールドアウトとなった。ベッド・インからイベントがスタート、続いてNATURE DANGER GANGがライヴをおこない、ブラックDPGが登場。続くBiSHはBiSの「nerve」からライヴをスタート。カオスなライヴを展開した。

大トリとして登場した夏の魔物は1月20日発売のメジャー2ndシングル収録の「東京妄想 フォーエバーヤング」を初公開。続けてメジャーデビュー曲である「どきめきライブ・ラリ」と「恋愛至上主義サマーエブリデイ」で会場を熱気に 包み、イベントは大団円を迎えた。

今回、会場で初公開となった、1月20日にポニーキャニオンから発売される夏の魔物のメジャー2ndシングルのリード曲「東京妄想フォーエ バーヤング」は、作詞を『ここは退屈迎えに来て』『アズミ・ハルコは行方不明』などで知られる小説家の山内マリコが担当。作曲とギター演奏を 曽我部恵一が手掛けた。さらに、ゲストとしてTOKYO No.1 SOUL SETのBIKKEがラップで参加し楽曲を彩っている。また、夏の魔物は1月8日に年明けライブを新宿MARZで開催し、バンドTOMOVSKYの出演が決定したことも発表。1月24日には同所で結成以来初のワンマン・ライヴ『夏の魔物現象2016』を決行する。このイベントのチケットは明日30日よりプレイガイド 先行発売がスタートされる。フェス10周年イヤーを迎え、グループの活動と共に熱を帯び続ける「夏の魔物」に来年は要注目だ。

尚、OTOTOYではこの日のイベントの模様を詳細レポートする予定なのでお楽しみに!!(岡本貴之)

夏の魔物 メジャー第2弾シングル
2016年1月20日発売
「東京妄想フォーエバーヤング/ダーリン no cry!!!」
【収録曲】※全形態共通
M1:東京妄想フォーエバーヤング
 作詞:山内マリコ/作曲:曽我部恵一/RAP作詞・歌唱:BIKKE(TOKYO No.1 SOUL SET)編曲:ARM(IOSYS)
 ギター:曽我部恵一
M2:ダーリン no cry!!!
M3:タイトル未定
M4:東京妄想フォーエバーヤング(Inst.)
M5:ダーリン no cry!!!(Inst.)
M6:タイトル未定(Inst.)
※詳細はオフィシャル・ウェブサイトにて

2016年1月24日(日)@新宿MARZ
夏の魔物・ブラックDPG 初ワンマンGIG『夏の魔物現象2016』
開場17:00/開演18:00
出演:夏の魔物・ブラックDPG
前売¥2,000
チケットぴあ先行販売(11月30日18:00~12月11日23:59まで)
【受付URL】http://w.pia.jp/t/natsunomamono-t/
※プレイガイド一般発売&Twitterリプ予約(特典付):12/12~受付開始予定

2016年1月8日(金)@新宿MARZ
出演:夏の魔物・ブラックDPG・バンドTOMOVSKY
詳細後日発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP