ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

旅作家とまこのヨーロッパ旅 −BGMがいらないベルギー−

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Photo Credit: 旅作家とまこ「粋な街、おしゃれな街、生ライブの街! 歴史深くて陽気で、歩いても歩いても、いくらでも進みたい。」

Photo Credit: 旅作家とまこ「粋な街、おしゃれな街、生ライブの街! 歴史深くて陽気で、歩いても歩いても、いくらでも進みたい。

TRiPORTライターの八木彩香です! 今回は「おしゃれ」と「バックパッカー」という水と油と言っても過言ではない関係の2つを見事に融合し、「おしゃれパッカー」として世界を回る旅作家のとまこさんにインタビュー。1ヶ月にわたるヨーロッパの旅について、様々な切り口から話をお伺いしました。

−ベルギーでは素敵なところに泊まったそうですね!
はい、ブリュッセル中心部にある「Zoom Hotel(ズームホテル)」というところに泊まりました。カメラアートがコンセプトでとにかくおしゃれ! エントランスから圧巻で。壁全面がコンテストで選ばれた無数の作品でパッチワークのようにデザインされてたり、続くBARのデザインっぷりったらたまりません。趣の違うアート空間が連結するスタイルで、BAR全体が作品のようでした。部屋も、大きな写真やかっこいい家具が、スタイリッシュに配置されていて、しびれました。大胆な黄色いソファとか、ホテルでなかなか使わないようなものにトライしてはまっている感じもすばらしかったです。

−ホテルから出なくても楽しめそうですね(笑)。
そうなんですよ(笑)。ホテルにいるだけでも幸せでした。ベルギーは全体的にホテルのレベルが高いなと感じていて、リーズナブルなところでも十分満足できました。ギャルリーサンチュベールというグラン・プラス裏にあるショッピングアーケードのホテルでは、窓から見下ろすとジャズシンガー達が演奏していたり…。部屋の中にいてもBGMがいりませんでしたね! アーケードのガラス張りの天井と、そのクラシックな雰囲気を楽しみながら窓辺でゆっくり過ごした時間は、とっても贅沢でした。街中に、サックス吹きやジャズバンドがそこら中にいたので、常に軽やかな音が鳴り響いてましたね。

Zoom Hotel(ズームホテル)…地下鉄ルイーズ駅からすぐの場所にあるヴィンテージ・インダストリアルスタイルの装飾が素晴らしいベルギーでも人気のホテル。立地もよく、地元ベルギー産のビールを楽しめるバーも併設されています。

ZOOMHOTEL02

−ブリュッセル以外には、どこかに行きましたか?
ナミュール州の都市「ディナン」という場所にも行きました。ベルギー南部の自然豊かな街でムーズ川沿いに家が並んでいて、ゆったりとした雰囲気で…。ノートルダム教会もあって、思わず散歩したくなるような不思議な魅力がありましたね。夕暮れもとってもキレイで、川に街の景色が反射してずーっと見ていたくなりました。あと、チェリービールも最高においしかったです(笑)

Photo Credit: 旅作家とまこ「150%、幻想的な町。本当にあったのかな……記憶さえ疑うほどのおとぎ話感」

Photo Credit: 旅作家とまこ「150%、幻想的な町。本当にあったのかな……記憶さえ疑うほどのおとぎ話感

ちなみにズームホテルはそのまま「カメラのズーム」からきているそうです。カメラ好きは寝る間も惜しんでしまいそうですね。気ままな散歩のような旅をするとまこさん、次はどこへ向かうのでしょうか。

(取材・文:八木彩香)
(写真提供:とまこ)

関連旅行記はこちら

*旅作家とまこ「粋な街、おしゃれな街、生ライブの街! 歴史深くて陽気で、歩いても歩いても、いくらでも進みたい。
*旅作家とまこ「150%、幻想的な町。本当にあったのかな……記憶さえ疑うほどのおとぎ話感

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。