ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

礼儀を欠かずに丁重に「お断り」できる英語表現やフレーズ22選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

社会生活を送っていると、どうしても相手からの提案やお誘いなどをお断りしなければならない場面に遭遇しますね。

おなじみの「No,thank you」は、場合によっては、ちょっと失礼な感じにも聞こえてしまいます。

 

相手を傷つけることなく、スマートに断れないものか。本日は、そんなお悩みを解決できる、丁寧なお断り表現をご紹介していきます。

基本は、誘ってくれて/提案してくれてありがとうという気持ちをしっかり伝えながら、お断りする理由を付け加えることになります。

 

「手伝いましょうか?」に対する、お断りフレーズ

photo by shutterstock

●Thank you very much, but I can manage.(ありがとう、でも自分で出来ます)
●That’s very nice/kind/sweet of you, but I think I’m OK.(ご親切にありがとう、大丈夫です)
●Thanks all the same, but I have/ am nearly finished. (ありがとう、でももうすぐ終わりますから)

 

お店でサービスを断る時のフレーズ

photo by shutterstock

●I’m all right, thank you.
●I’m fine , thank you.
●Thank you, I’m just looking.(ありがとう、でもちょっと見ているだけですので)
●I thought I would just have a look around.
→上の返答として、「では、いつでもお声掛けください」と言われたら、
●Thank you, I will.

※もし、すでにサービスを受けているような場合は、
●Thank you, but I’m already being served.

 

仕事関係で、食事に誘われた時のお断りフレーズ

photo by shutterstock

●I am terribly sorry, but I’ve got an appointment.(誠に申し訳ありませんが、先約がございまして)
●I wish I could, but I have a previous engagement.(ぜひそうしたいのですが、予定がございます)

 

友人からの遊び・パーティへの誘いを断るフレーズ

photo by shutterstock

●I’d love to, but I have to work, I hope I can join you next time.(行きたいのはやまやまだけど、仕事があるから、次の機会に会えたら良いな)
●I was looking forward to seeing you, but I really can’t make it.(会えるの楽しみにしてたんだけど、本当に都合がつかない)
●Unfortunately, I already have a plan tonight.(残念ながら、今晩は予定がある)
●I’m afraid, I cannot join you. (残念だけど、行けそうにない)

 

食べ物をすすめられたけれど、食べられない時のお断りフレーズ

photo by shutterstock

ある程度、食べた後

●I’ve just had some. Thank you.(あ、もう頂きました、ありがとう)
●Thanks. It was delicious, but I really cannot eat any more. (美味しかったけど、もう食べられない)
●Thank you, but I am absolutely stuffed.(もう完全にお腹いっぱい)
●Thanks, but I’m full (up)!
●Thank you, but I couldn’t eat another bite.(もうこれ以上食べられない)

 

食事が始まる前

●Thank you, but I’m really not hungry.(ありがとう、でも、あまりおなかすいてないんだ)
●《物》disagrees with me. (アレルギー等の理由で、《物》が食べられない)
●I’m not very good at 《物》(《物》はちょっと苦手で)
●Maybe, I will just have the 《物》(んー、じゃ《物》だけ頂こうかな)

 

まとめ

相手と、これからも良い関係を築いていきたいのに、表現を知らないばかりに、お断りする言葉がぶっきらぼうに聞こえてしまっては、とても残念ですね。

日本人は、「Noと言えない日本人」と揶揄されるように、特にお断りすることは、心苦しく、難しいことだと捉えている節がありますが、残念な気持ちとお断りしなければならない理由をしっかり述べれば、礼儀を損なわずに、意思がきちんと伝えられます。

あとは、親しい間柄・気取らない関係の相手なら、日本語を話しているときと同じく、埋め合わせを自分から提案すれば万全です。ぜひ、頑張って使いこなせるようになりましょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。