体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もっと安く!海外で値切るための5つのコツ

生活・趣味

ケープタウンのグリーン・マーケット(Green Market Square)でも、モロッコのマラケシュ(Marrakech)でも、北京の秀水(Silk Street)でも、多くの国で値引き交渉は当たり前のように行われています。

お金で幸せは買えないけれど、民芸品や珍しい仮面、ラクダの人形や陶芸品は買えるので、よい買い物をして、楽しい旅の想い出を持ち帰りましょう。

 

1、お店の人と仲良くなろう

フレンドリーに!

photo by shutterstock

誰でも機嫌の悪いお客は嫌なもの、その場限りのゲームだと思って、「この人になら値引いてもいいか…」と思ってもらえるくらい、フレンドリーに接しましょう。

 

2、地元の言葉で値段を伝える

地元の言葉で値段を言う

photo by shutterstock

数字を現地の言葉で覚えるのは、そんなに難しいことではありません。(億単位の買い物をする人は別です。)現地の言葉で価格交渉すると、喜んでくれるお店の人は多いようです。

 

3、先制パンチしよう

先制パンチ

photo by shutterstock

小さな民芸品に$50の値がついていたら、まずは$5に値切ってみましょう。失礼に思えますが、あくまでもゲームだと割り切って、思い切って実行してみてください。これで、相手がどのくらいの価格帯で売りたいのか、聞き出すことができます。

 

4、貼ってある値札の75%以上の値段は払わない

貼ってある値札の75%以上の値段は払わない

photo by shutterstock

定価は定価、良い客ではないかもしれませんが、私たちにも予算はあります。

 

5、ひとつのお店でたくさん買えば、値引き額も増えます

ひとつのお店でたくさん買えば、値引き額も増える
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会