体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

風邪をひいた後のアメリカ人の「対処法」が面白い!

32654261586123r-Comp-118-600x600

Little Things」より、風邪をひいた後の対処法を紹介します。といっても、ライターPhil Mutz氏のセレクトはあくまでアメリカ流。日本人には初耳なもの、効果を疑いたくなるものも中にはあります。でも、いよいよ忘年会シーズン到来。いつまでも風邪なんかに負けていられません!まあ、物は試しに。

01.
濡らした靴下を履いて寝る

0005_Layer-Comp-624-600x600

風邪の症状を緩和するのに、わざわざ濡れた靴下を履いて寝るその意図とは?「Best Health」誌によると、このびしょ濡れ戦略で血液循環が劇的に改善できるとか。足先へと血液を巡らせ、発熱を抑える効果が期待できると。
記事によると、よく足を温めたうえで濡れた靴下を履く。さらにその上からドライウールの靴下を二重履きにすると、より効果が得られるそう。翌朝、びしょ濡れだった靴下は乾き、心地よさを感じることができるみたい。

02.
枕を高くして眠る

0001_Layer-Comp-225-600x600

もし低い枕が好みなら、風邪をひいた際には見直したほうがベターかも?睡眠時、頭を高くすることで鼻腔の通りをスムーズにすることができるそうです。

03.
メンソール系の軟膏を
鼻の下に塗布する

0000_Layer-Comp-125-600x600

WebMD」によれば、鼻の下にメンソール系の軟膏を塗りこむだけで、呼吸器が刺激され鼻通りが良くなるばかりか、鼻をかみすぎたことによる炎症も抑えることができるそう。

04.
塩水で“鼻うがい”

0004_Layer-Comp-524-600x600

インフルエンザをはじめとする、ウイルスの除去には鼻うがいがもってこい?特に塩水を使うと効果絶大だとWebMDは説明しています。小さじ1/4(約5グラム)ほどの塩をコップ1杯の白湯で溶き、そこに塩と同量のベーキングパウダー(食用)を混ぜたものが良いそうです。これを片方の鼻から通していきます。

05.
風邪の効きそうな食べ物を
とりあえず知っておく

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。