ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

授賞式で再会、綾瀬はるか&広瀬すず 姉妹のように仲良い姿

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 第7回TAMA映画賞の授賞式が11月21日、パルテノン多摩で開催され、最優秀女優賞を受賞した綾瀬はるか(30才)、最優秀新進女優賞を受賞した広瀬すず(17才)らが出席した。

 綾瀬は、四姉妹の長女役で出演した『海街diary』(是枝裕和監督)で最優秀女優賞を受賞。同じく『海街diary』 で四姉妹の四女を演じた広瀬は、同作について「たくさん勉強させていただきました」とコメントした。久々の再会となった綾瀬と広瀬は、まるで本当の姉妹のように楽しげな様子だった。

 ちなみに、最優秀作品賞は『海街diary』 と、『きみはいい子』(呉美保監督)が受賞。最優秀女優賞は綾瀬とともに樹木希林(72才)が、最優秀新進女優賞は広瀬とともに杉咲花(18才)が受賞した。

撮影■浅野剛


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
奇跡の4姉妹揃い踏みも素肌ガード 露出多めでお願いします
綾瀬・長澤・夏帆・すず 香取慎吾が「妹萌え」した豪華楽屋
TVの1/10のギャラでも女優が映画に出るのは格上げのため

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP