ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】4日米雇用統計で12月利上げの最終確認

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が11月30日~12月4日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は底堅い値動きが続く見込み。12月15-16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げが確実視されており、米雇用統計(12月4日)で最終確認する展開となりそうだ。ただ、2016年以降の利上げペースは緩やかになると見込まれており、ドルが大幅に上昇する可能性は低いとみられる。

 雇用統計以外の経済指標では、11月ISM製造業景況指数(12月1日)と11月ISM非製造業景況指数(12月3日)など、景況感や物価を示す経済指標が注目される見通し。これらの指標が予想を上回った場合、リスク選好的なドル買いが広がるものとみられる。

【11月ISM製造業景況指数】(12月1日発表予定)
 米連邦準備制度理事会(FRB)は政策判断に関し雇用統計を最重要視するが、足元では利上げペースが注目されている。ISM製造業景況指数は前回50.1に対し、予想50.5とやや上振れる見込み。予想通りならばドル買い材料となろう。

【11月雇用統計】(12月4日)
 11月非農業部門雇用者数変化(前月比)は+27.1万人に対し、+20万人が見込まれている。また、失業率は5.0%が市場コンセンサス。市場参加者の間では、+20万人を大幅に下回らなければドル売りが強まる可能性は低いとみられている。

 なお、来年以降の利上げペースに市場の関心が向けられていることから、11月の雇用統計内容が予想通りの場合、ドルを積極的に買う材料にはなりにくいとの声が一部で聞かれている。

 11月27日-12月4日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)11月ISM製造業景況指数 12月1日(火)日本時間2日午前0時発表予定
・予想は、50.5
 参考となる10月実績は50.1、先行指標となる11月マークイット製造業PMIは52.6で10月実績の54.1を下回った。11月のISM製造業景況指数は50を上回る見込みだが、新規受注は前回実績をやや下回る可能性があり、市場予想は妥当な水準か。

○(米)11月ADP雇用統計 12月2日(水)午後10時15分発表予定
・予想は、前月比+19.0万人
 参考となる10月実績は+18.2万人。11月については新規失業保険申請件数が減少傾向にあることから、雇用者数は10月実績を多少上回る可能性がある。

○(米)11月雇用統計 12月4日(金)午後10時30分発表予定
・予想は、非農業部門雇用者数は前月比+20.0万人、失業率は5.0%
 参考となる10月実績は+27.1万人で市場予想を大幅に上回った。民間部門雇用者数が26.8万人増加したことが要因。11月については、新規失業保険申請件数と失業保険継続受給者数は減少傾向にあることから、20万人を超える雇用増となる可能性がある。

○(米)10月貿易収支 12月4日(金)午後10時30分発表予定
・予想は、-407億ドル
 参考となる9月実績は-408.1億ドル。10月については、財の貿易赤字額が9月実績を若干下回っていることから、全体の貿易収支は9月実績に近い数字になる見込み。ただし、輸出は伸び悩んでおり、貿易赤字の大幅な縮小は当面期待できない。

○日米の主な経済指標の発表予定は、11月30日(月):(日)10月鉱工業生産、(米)11月シカゴ購買部協会景気指数、12月1日(火):(米)10月建設支出、12月3日(木):(米)11月ISM非製造業景況指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:121円00銭-124円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【ドル円週間見通し】レンジ上限接近でドルの一段高は期待薄
米国の利上げ 「早くても9月」と想定するのが無難と専門家
日経新聞ランキングNo.1アナリスト 今年は1ドル=90円台も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP