ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶品と評判の「ケンチキの骨スープ」はマジで人に勧めたくなるレベル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前からネット上で度々「ケンタッキーフライドチキンを食べた後の骨で絶品スープが作れる」という話題を目にしておりました。ずっと気になっていたのですが、ケンタッキー自体行く事も無かったので、忘れかけていたところ偶然にもいただくことが。

折角なのでと、話題のスープに挑戦してみましたよっと。

【関連:そろそろこの季節よ!去年話題になった『酔っ払いクマ』つくってみた】

■大まかなレシピ

ネットで検索したところによると、大まかな手順は以下の通り。

【ネットで見たレシピ】
1:食後の骨をかるく水で洗う
2:鍋に入れて骨が軽く浸る程度に水を注ぐ
3:中火で20分

これを参考に早速ためしてみます。

■実験

ネット上だと大まかなものしか見当たらなかったので、1人分を目安に計量しつつやってみました。

まず材料となるケンタッキーフライドチキン。今回は5個入りをいただいたので、早速食べることから開始します。

▼ケンチキは酒のつまみに最高

実は学生時代にケンタッキーでアルバイトをしていたことがあります。
「クリスマスはケンタッキー!」を別の意味で過ごす学生時代だったのです……。そんな事はいいとして、その際先輩から教わったのが「ケンチキは酒のつまみに最高」。
うん、先輩の教えには従わないとな。というわけで、ビールを用意して食材確保を行います。

今まで何度かこの食べ方をしたことがありますが、ビールとケンチキの組み合わせは本当に最高です。買ってきた後少ししんなりした場合には、以下の手順で温めてみてください。

【冷めたチキンの温め方】
1:1個につき20秒を目安にレンジでチン!このときラップはしないでください。
2:1個ずつアルミホイルにつつんで、180~200度に温めたたオーブンで5分から8分程加熱。

アルミホイルにいれなくても大丈夫ですが、その場合水分が飛びすぎて表面カリカリ、中はパサパサになる時があります。
ケンタッキーでは圧力をかけ時間をかけて「カリカリではなく、ふっくら柔らかくジューシー」になるようチキンを揚げています。お店でできたてを食べても、カリカリではなく気持ちしっとりしているのはそのためです。もし同じものを再現したいのであれば、アルミホイルで包んで焼くことをお勧めします。

▼作ってみる

1:軽く水洗い
横道にそれましたね。食後の骨とカスをあつめます。水洗いは軽く流す程度に抑えてください。あまりやり過ぎると風味が飛ぶそうです。

2:鍋に入れる
今回は1人分を探りたいので、ネットでみた1人前3個分説を採用してみます。鍋に水洗いした骨を並べます。その上に、すこし浸る程度に水を注ぐとあるので、計りながら入れてみました。
計ってみたところ、3個分に対し浸る程度は大体500ccのようです。
500cc注いで、ここから20分中火で煮ていきます。

ちなみに筆者は普通の鍋ではなく、土鍋を使っています。
土鍋は熱伝導率はあまりよくありませんが、火で加熱することで遠赤外線が放射され素材を内部から温め、素材のうまみをそのまま引き出すことができると言われています。スープ以外にも、カレーや肉じゃがなど煮込み料理にはおすすめですよ。普通の鍋とちょっと違った仕上がりになります。

3:白濁白湯スープの完成!
あの食いカスがこんなに綺麗なスープに……。本気で驚きました。
鍋からスープだけこして計ってみたところちょうど200cc。かなり水分が飛んだことがわかります。もしかしたら、中火じゃなくて弱火でも良かったかもしれません。


4:ほんのり塩気のある上品なスープ
一口飲んでびっくり。ほんのり塩気を感じる優しい白湯スープ。お店で出されるものと大差ないような。
まさかあのカスからここまでなるとは思いませんでした。

想像していたより簡単に、なのにお店で出されてもおかしくないレベルのスープになりました。
スープをベースにした鳥鍋、おじやなど、色んな用途で活躍しそうです。

でも塩気はというと、「ほんのり」程度なので、好みで塩を足すなど調えた方がよさそうです。もしケンタッキーを食べることがあれば、ケンチキ骨スープ。是非お試しあれ。

【今回作ってみた一人分の材料目安】
・フライドチキン3個分の骨
・水500cc

(文:宮崎美和子)

※「絶品と評判の「ケンチキの骨スープ」はマジで人に勧めたくなるレベル」はおたくま経済新聞で公開された投稿です

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP