体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大河ドラマ「真田丸」の舞台とは? 現代の真田丸を歩いてみる

大河ドラマ「真田丸」の舞台とは? 現代の「真田丸」を歩いてみる 

2016年のNHK大河ドラマは「真田丸」。真田丸があったとされる大阪には、いまも「真田山」という地名がある。ドラマの舞台となった街を一足先に訪ねてみた。
真田幸村が築いた、戦国時代最強の砦が「真田丸」! 

1614年、徳川幕府が豊臣家を攻めてはじまったのが、大坂冬の陣。「真田丸」とは、このとき大坂城にたてこもる豊臣方の防御陣地として真田幸村が築いた戦国時代最強最後の砦である。ドラマでは「真田丸」で徳川勢を迎え撃った真田幸村の半生が、小さな家族船「真田丸」の航海にも例えて描かれるというから楽しみだ。まだドラマはスタートしていないのだが、真田丸のことをよく知るために、現地を歩いてみたい。

強大な砦「真田丸」の正確な場所は諸説あるようだが、大阪市天王寺区には現代も「真田山」という地名があり、近辺には真田丸の痕跡とされるものがいくつも残っている。有名なのが三光神社の「真田の抜け穴」。大坂城と真田丸を地下で結ぶ秘密の通路があったとされ、その入り口が神社内に残っている。三光神社から、真田丸の痕跡を巡ってみよう。

【地図】「真田丸」があったとされている場所(地図の赤枠のエリア)。もう少し大きかったという説もある

【画像1】「真田丸」復元ジオラマ。「天王寺 真田幸村博」で展示されていたもので、六文銭ファンドにより制作された(写真提供:天王寺 真田幸村博実行委員会)

【画像1】「真田丸」復元ジオラマ。「天王寺 真田幸村博」で展示されていたもので、六文銭ファンドにより制作された(写真提供:天王寺 真田幸村博実行委員会)

【画像2】三光神社には大阪城への秘密の通路「真田の抜け穴」がある。隣地には真田山旧陸軍墓地があり、西南戦争から太平洋戦争までの戦没者5000柱以上の墓石が並ぶ(写真撮影:井村幸治)

【画像2】三光神社には大阪城への秘密の通路「真田の抜け穴」がある。隣地には真田山旧陸軍墓地があり、西南戦争から太平洋戦争までの戦没者5000柱以上の墓石が並ぶ(写真撮影:井村幸治)

【画像3】心眼寺は真田家親子の冥福を祈るために建立されたといわれ、「出丸城跡」の記念碑と、真田左衛門佐豊臣信繁(幸村)の墓碑がある。門扉には真田家紋の六文銭が彫られている(写真撮影:井村幸治)

【画像3】心眼寺は真田家親子の冥福を祈るために建立されたといわれ、「出丸城跡」の記念碑と、真田左衛門佐豊臣信繁(幸村)の墓碑がある。門扉には真田家紋の六文銭が彫られている(写真撮影:井村幸治)

【画像4】真田山周辺は寺社が建ち並びゆったりと時間が流れる落ち着いた街並み。真田山公園を中心として丘のようになった一帯の地形は、周囲よりも一段高い砦であった「真田丸」を偲ばせてくれる。(写真撮影:井村幸治)

【画像4】真田山周辺は寺社が建ち並びゆったりと時間が流れる落ち着いた街並み。真田山公園を中心として丘のようになった一帯の地形は、周囲よりも一段高い砦であった「真田丸」を偲ばせてくれる。(写真撮影:井村幸治)

【画像5】玉造筋(たまつくりすじ:大阪市内を南北に走る道路のひとつ)の「真田山」交差点周辺はマンションも多い(左)。交差点から西へはなだらかな石畳の坂道。坂を登ると真田山小学校が見えてくる(右)(写真撮影:井村幸治)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy