ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実はカニじゃなくてヤドカリの仲間!!タラバガニ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬を代表する味覚のひとつカニ。そんなカニの中でズワイガニと並んで高い人気があるのがタラバガニです。漢字で書くと「鱈場蟹」。名前はタラと同じ場所で捕れることに由来しています。その太く長い脚は広げると1.5メートルに及び、トゲトゲの突起のついた大きな甲羅も迫力満点。まさにカニの王様といった貫禄があり、実際に「キングクラブ」と呼ばれることもあります。

しかし、このタラバガニは厳密にいうとカニではなく、なんとヤドカリの仲間。タラバガニはエビ目ヤドカリ下目タラバガニ科に分類され、エビからカニへと進化する途中の種なのです。カニは左右に4本ずつ脚があり、ハサミとあわせて合計10本の脚があります。しかし、タラバガニには左右の脚は3本ずつ、ハサミを合わせて合計8本の脚しかありません。もう一対の脚があるのですが、その脚はエラの掃除をするためのもので、甲羅に隠れており、これこそがヤドカリの特徴です。またカニは基本的に横移動しかできませんが、タラバガニはヤドカリと同じように縦方向にも移動することができます。

しかし、カニではなくヤドカリの仲間であっても、タラバガニの美味しさは変わりません。カニミソこそ少ないものの、その太い脚にはプリプリの身がたっぷりとつまり、茹でても焼いても蒸しても、そして刺し身にしてもご存知のように美味しくいただけます。ちなみにハナサキガニやアブラガニもタラバガニと同じようにヤドカリの仲間です。あまり知られていないことかもしれませんが、ヤドカリは美味しい食べ物だったのですね。

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP