ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷凍・生・パック詰めおせち 3種のメリットデメリットとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 正月を彩るのに欠かせないおせち料理。「手作りするには時間と手間がかかり、作る量が少ないと具材を買うのも割高になるため、年々、購入派が増えています」と言うのは、おせち料理お取り寄せ予約ガイドの森田慶子さん。

 1年の始まりに食べる物で失敗はしたくないもの。賢い選びかたのポイントを森田さんに聞きました。お取り寄せおせちは、配送時の状態により冷凍、生、パック詰の3つに分類できる。それぞれのメリット、デメリットは? まずは、冷凍おせち。

 全国発送されるおせち料理の大部分はこれ。冷凍にマイナスイメージを持つ人も多いが、技術が発達した現在では、冷蔵タイプと遜色ない風味が味わえる。解凍時間はおおむね冷蔵庫で18~34時間、暖房のきいていない寒い場所では5~24時間ほどでOKだ。

「作りたてを瞬間急速冷凍することで解凍するまで品質が維持でき、保存料などの添加物が控えめなものも多い。配送は12月28~30日に設定されているため、早めに届いた場合、解凍開始まで冷凍保存するスペースが必要。ですが、解凍前の賞味期限が約1か月と長いものが多いので、急いで食べなくてもいいところは◎」(森田さん、以下「」内同)

 続いて、生おせちはどうか。

 届いてすぐに食べられると人気だが、配送は12月31日に限定されていることが多い。料亭おせちはこのタイプが主流で、配送区域も限られている。

「配送する直前に作られるので、短期集中で人手が必要となり、価格は高め。大みそかの配送は時間指定が難しいため、外出予定のない人向けです」

 最後に、パック詰おせち。個別にパックされているタイプで封を開けるまで日持ちし、冷蔵庫など、保存場所を選ばないのが魅力だ。

「自分でお重に詰めなくてはならないため、見本のように美しく盛り付けられないことも。お重にこだわらず、食べるものだけを豆皿や小鉢に取り分けるなど、自分なりにアレンジして盛り付けて」

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
うどんの乾麺、ゆで麺、冷凍麺 いちばんお得なのはどれ?
節約手づくりおせちの心得は「夕方」「クリスマス前」
1万5000円おせちの原価は5000円以下 器が占める割合も多い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP