ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

原千晶 自身が受けたがん告知時の状況と治療後の後悔を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 川島なお美さんや北斗晶さんなど、「がん」のニュースに接するたびに、本人やご家族の悲しみに思いを寄せて胸が潰れる思いがする。そして、もしかしたら私もいつか…という不安や疑念に襲われる人も多いのではないか。

 実際、がんは決して他人事ではない。誤解を恐れずに言えば、いつ誰がなってもおかしくないほど身近な病気だ。だからこそ、健康なうちに知っておきたい。30才のときにがんの告知を受けた原千晶さん(41才)に、がんの告知や闘病について聞いた。

 * * *
 最初のがんがわかったのは、30才の時でした。オリモノ異常、不正出血、お腹の痛みが何か月か続いたので、かかりつけのレディースクリニックを受診しました。しかし、その段階ではがんかどうかはわからないということで、大学病院で円錐切除手術を受けました。その病理検査の結果、がんだとわかったんです。

 告知を受けた時は本当に青天の霹靂でした。医師には「この間手術で取った部分はがんでした」とストレートに言われました。母と2人で聞いたのですが、「えっ? 何?」「自分のこと?」という感じで本当に頭が真っ白になりました。子宮を全部摘出したほうがいいという話がメインで、そのことが本当にショックでしたね。

 言葉が出るより先にボロボロ泣きました。しばらく泣いた後に「もう子供は産めなくなるんですか?」と質問し、「そういうことになるね」というやり取りをしたと記憶しています。

 両親から「命のほうが大事だ」と手術をすすめられたこともあり、1週間後に「手術します」と医師に告げました。全然納得できていなかったけど、もう決めなきゃダメだと思って。

 手術はその1か月後の予定でした。その間も気持ちの整理なんて全然つかなくて、悩みに悩みました。全摘手術というのは再発転移を防ぐための予防的な見地で、そのことにも納得がいかなかった。まだ結婚もしてなくて、出産にも希望を持っていたので…。結局、手術をキャンセルし、温存手術をお願いしました。それが自分で出した結論だったんです。今振り返っても、あの時はそう決断するしかなかったと思っています。

 その4年後に今度は子宮体がんの告知を受け、手術の後に抗がん剤治療を6クール、実質4か月ほど受けました。副作用は排泄障害、顔のむくみ、肥満、手足の強烈なしびれなどですが、外見的な変化による精神的ダメージは大きかったですね。

 後悔しているのは、温存治療の後、きちんと検診を受けなかったことです。がんから逃げて、でも、逃げきれずに再度またなってしまった。無知で、無用な恐怖心があったからだと思います。

 婦人科系のがんは若年化していて、30代、40代がピークになっています。まだなっていない人には、「なるかもしれない」ということを大前提にして、いい意味で身構えておくことが大事だと言いたいですね。

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
がん治療に第4の選択肢 「ロボット手術」が保険診療併用へ
書籍『「余命3カ月」のウソ』出版以降「余命4カ月」宣告も
自覚症状なく治療困難な肺がん患者 受け入れ数トップ10病院

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP